スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最速の称号、スーパーヴェローチェ~Murcielago LP670-4 SV

ご訪問ありがとうございます。


さて、それでは今回は予定通りこちらをご紹介。


murcielago  LP670-SV


その姿、まさに最強。

ムルシエラゴ LP670-4SVです。
ほんとは買ったときにすぐ記事に書くつもりでしたが、なんだかんだでそのままにしていました(^^;



murcielago  LP670-SV



ムルシエラゴと言えば、ランボルギーニ社に本格的にアウディの資本が参入したころのモデルですが、後に発表される「スモール・ランボ」ことガヤルドに比べるとよりランボルギーニ“らしい”と言われる、言わば最後のランボルギーニ・スーパーカー。2001年にデビュー。


その構造的特徴はやはりアウディというより先代のディアブロを引き継ぎ、そのボディ骨格は鋼管スペースフレームで形作られています。

ちなみに最新モデルのアヴェンタドールでは、軽量かつ強靭なカーボンファイバーモノコックが採用されています。



murcielago  LP670-SV



またエンジンも新開発ではなくディアブロ時代のV12エンジンを、各部パーツの素材を見直し全体的な軽量化を施したりストローク延長による排気量拡大するなどして用いています。

この時点でのパフォーマンスは、最高出力580馬力・最大トルク66.3kg/m/・乾燥重量1650kg・最高時速330km/h(公称)というものでした。


murcielago  LP670-SV



2006年には、基本モデルからより性能をアップしたLP640がデビューします。

伝統のLP(後方縦置きというエンジン搭載位置を意味する頭文字)という称号が与えられ、さらにこれまでよりパワーアップされた出力を誇示するかのような「640」という数字も添えられました。

また、新デザインの外装が与えられておりフロントバンパーやディフューザー一体型マフラー開口部などよりアグレッシブなアピアランスを得ています。



murcielago  LP670-SV



そのLP640をベースに、ムルシエラゴの集大成ともいえる究極のエボリューションモデルが誕生します。

2009年に発表されたLP670-4 SVがそれです。


350台の限定生産が予定されたこのモデルは、LP640からさらなるパワーアップと軽量化が図られており約100kg軽くされた車体に670馬力を発揮するV12エンジンを搭載。

そして「-4」(ダッシュ・フォー)が示す通り、フルタイム4WDでそのパワーは路面に伝えられます。

外観は、豪快にカーボンが奢られたスポイラー類やオプション装備の巨大なリヤウイングが目を引きますね。

スーパーヴェローチェ、つまり最速を意味する称号にふさわしい猛牛が誕生したのです。


murcielago  LP670-SV



マテルのミニカーですが、ご存知の通りハンドメイド・レジンモデルであるMRコレクションからその金型(データ?)を提供してもらったとのことで造形、仕上がり品質ともダイキャストモデルとしては文句なし。

基本ボディはダイキャストながら前述の大型スポイラー類はプラスチックも使いシャープな仕上がりに貢献しています。

またウインドウパーツは、ダイキャストモデルでは一般的なプラ製ではなく薄い塩ビ板を使用。この辺りはレジンモデル譲りのクオリティでしょうか。

そして、オミットされがちなリヤのラジエターファンもメッシュの向こうにちゃんと見えますし、ヘッドライト内部の細かい作りはマテルのイメージを覆すほど美しいフィニッシュです。

やや粒子の粗いメタリックオレンジの塗装面は滑らかで、このあたりもかつてのマテル製品とは一線を画しています。


こんなにハイクオリティかつ元となったレジン製品の4分の1程度の定価で購入可能、しかもレジンに比べれば扱いやすいダイキャストモデルにもかかわらず、マテル製品という先入観が邪魔してか売れ行きはさほどよろしくないようです。

今でも買えるこのモデル、まだ持っていない方はぜひ一度実物を見てみては?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Lamborghini Murcielago LP670-4 SV 2009

  Mattel 1/43 Lamborghini Murcielago LP670-4 SV 2009 待っていましたマテルのLP670-4 SV! 期待通りの完成度に思わずため息がこぼれる至高の1台をご紹介!  LP670-4 SVは、LP640をベースにさらなる改良が加えられたMurcielagoです。 車重はLP640から100kgも軽...

Lamborghini Murcielago LP670-4 SV

どうもー。 さて、年も明けて早4週間弱。 受験生の皆さんはセンター試験を終えて、今は各大学二次試験に向けて最後の追い込みをかけているところでしょうか。 かく言う私も、実は受験生でして… 来月、ほぼ一カ月後ですね。某国家試験が実施されます。実はそれに合格するために現在勉強中なのです。また、合格した際にはここでもご報告を。てか、合格しないといけないし困るんですがね(笑) ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

・・・この出来でそのお値段ならかなりお買い得感高そうですね・・・・

ムルシも欲しいのがあったりするんで、この辺りも予算編成して欲しい所ですね~~~

Re:最速の称号、スーパーヴェローチェ~Murcielago LP670-4 SV

こんばんは。

待ってましたLP670-4 SV!
反則技ともいえるキャストを使用して、ディテールアップが得意なマテルならではの仕事ぶり、このモデルは本当に「買い」ですよね(^^♪

メーカー公式よりも美麗な写真の数々、しっかりと堪能させていただきました。
写真に入れた車名もイイ感じのアクセントになっていますね♪

というわけで、のちほどトラックバックさせていただきます!

No title

これ、私も買いましたが…意外?な出来の良さにビックリしました。
マテルやるな~、と久々に感じたモデルでしたね!

No title

こんばんは。

低いボディがいいですね!フロントはすぐ擦りそうですが・・(笑)。
若干リアが高くなっているのがまたかっこいいですよ。

写真で見る限りMR製と言われても分からないほど出来がいいですね。
マテルをちょっとなめていました。
これは是非欲しい1台です。

こんばんは・・・

こんばんは・・・

私はF1・ルマンを中心コレクションしていますが、この種のスーパーカー
とても素晴らしく感動ものです、改めてクオリティの良さを再認識しました。

いつも拝見させて思うのが、画像のセンスがミニカーの良さをとても上手く表現されていて
素晴らしく、見ているだけでとても楽しいです。

撮影のこだわりを凄く感じられます!!
今後とも楽しませてください・・・期待大~

清四郎様

コメントありがとうございます!


ちょっと書き方が解りづらかったと思うので、記事訂正しました。
こちらの定価はちょっと高めのダイキャストモデルといったところですが、それでもかなり満足度は高いです!
私もムルシは一台欲しいと思ってたところにこのモデルだったんですが、文句なしの質感でした。

ぬっぺほふ様

コメントありがとうございます!

お待たせしました(^O^)
ホント、これは反則ですよね。コレクターにとっては嬉しい裏技ですが♪

写真…少しでもオリジナリティを出すために、車名なんぞ入れてみました。
ちょっとイイ写真に見えるでしょうか(笑)

トラバありがとうございます!
こちらからもトラバ出来ましたので、先日のGT-Rもしておきました。
よろしくお願いします。

カバネ様

コメントありがとうございます!

過去のフェラーリシリーズとか、マテルの過去の1/43作品を見てると
この出来は想像できないですよね。
エリートシリーズになってからは、何気に出来のいいものばかり出してますね。

アヴェンタドールが出てますが、あれもカラバリに期待したいところです!

saiji様

コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、やや前傾気味の姿勢がカッコいいですよね、勢いがあって。
フロントは…モデルの場合タイヤの接地状況によっては擦ってますね(笑)

ダイキャスト版MRといっても過言ではないと思いますよ、このモデル。
全体的な高級感はやはりハンドメイドレジンには及びませんが、
価格なり、もしくはそれ以上の満足度は得られるモデルだと思いますので、是非!

F1 tomo様

コメントありがとうございます!

F1やルマンカーってそれだけで膨大なコレクションになりますから、F1 tomoさんのように集めている方は本当にすごいと思います。
スーパーカー系、特に某牛と馬は普及価格帯で出来のいいモデルが少ないのが欠点ですが、やはりミニカー映えするので満足度は高いですよ♪

撮影のこだわり…ありがとうございます!
一応、すべてのモデル同じようなアングルで枚数もほぼ同枚数で撮ってますが、
どこから見たらカッコいいだろうっていうのは意識して撮っているつもりです。

これからもじっくりと見ていただけるような写真を撮れるように、頑張ります。
プロフィール

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。