スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fairlady 「Z」

こんばんは。


最近の雨、ちょっとおかしいんじゃない?ってくらいすごい降り方をしますね。

そういえば先日地元の夏祭りへ顔を出す機会があったんですが、雨の中打ち上がる花火というものを初めて見ました。
突然の豪雨で、花火は中止かなぁと会場の人のほとんどが諦めていたんですが、なんと降り出してすぐ予定前倒しで花火が上がり始めたんです!

よく上げたなぁと感心しました。雨がひどく空が霞み、さらに煙も水分を含みうまく消えていかないため花火にはかなりもやがかかったようになっていましたが、それはそれで幻想的できれいでしたよ。



さて、美しいといえばこの車。車名も「貴婦人」。ピッタリな車名ですね。





fairladyZ2by2




京商の少し前のモデルです。日産フェアレディZ 2by2(GCZ32)



国産車の280馬力規制を作らせた原因?最初にこの大台に乗った市販車はこれですね。

R32 スカイラインGT-Rと時代を同じくして誕生しましたが、発表がほんの少しこちらの方が早かったため国産車初の280馬力カーと相成りました。




fairladyZ2by2





もともとアメリカ市場へ主眼を置いて作られていたZですが、この代からさらにアメリカンなムードを増し、ワイド&ローのグラマラスな貴婦人へと生まれ変わりました。





fairladyZ2by2





特徴的なテールライト周り。かっこいいですよねぇ。






fairladyZ2by2





ミニカーは(一応)4人乗りの2by2仕様。ロングホイールベース化されているため2シーターに比べるとやや間延びした感じがありますが、それでも美しいサイドビューを演出しているのはデザイナーの努力の結果ですね。

ちなみに2仕様の判別法は、給油口がリヤタイヤより前にあるか後ろにあるか。タイヤより後ろにあるのが2by2です。





fairladyZ2by2





スポーツカーに乗ろうと思う…Z32のキャッチコピーです。乗りたくなりますね~。

まぁ、スポーツカーというよりはややGT色が強い気もしますが。2シーター車はともかく、2by2はもう完全にスポーツカーではなくGTですよね。





fairladyZ2by2





11年にわたり販売が続けられた近年稀にみる長寿なスポーツカーでしたが、ミニカーには本当に恵まれていません。
過去には鉄道模型メーカーのKATOからプラスチック製1/43開閉ギミック付きモデルが出ており、これは画像で見てもかなり完成度の高そうなモデルでした。

京商からは、6、7年ぐらい前に2シーターがモデル化されていました。そして突如、昨年初めにこの2by2がモデル化されました。

他にはイクソ?ノレブ?が「国産名車コレクション」内でブルーの2シーター仕様をモデル化している程度でしょうか?





fairladyZ2by2





ミニカーは、リヤスポがウイング状のフローティングタイプなので中期型のようです。
BBSメッシュホイールは実車でオプション装備だったみたいですが、過去リリースされた2シーターが純正ホイールだったので差を付けたのでしょう。

美しいスタイリングや1/64シリーズで鍛えられたであろうホイールの造形、各部パーツの精度など定価4,000円を切るモデルとしてはよく出来ていると思います。
内装に全く色差しやデカールがないのが残念ですが、プロポーションモデルとしてはいい雰囲気だと思います。

レッドのボディ塗装は経年変化もあるのか波打っており、また部分的にやや厚めなのが京商クオリティですが、ドアやリヤフェンダーとバンパーの継ぎ目のモールドなどに墨入れが施されていて、サイドビューは意外にシャープです。






fairladyZ2by2




個人的にこのZ32やFD3S RX-7などはかなり優秀な、世界で今でも通用するデザインだと思います。

スポーツカーとは、性能や走りの質感はさることながらエクステリアもしくはインテリアデザインに関してはそのカッコ良さ、美しさが何よりも優れていることが絶対条件だと思います。

古くからスポーツカー、GTカーメーカーとして栄えてきたメーカー、たとえばアストンマーティンやフェラーリなどはまさにその理想形の一つだと思います。


それらに迫るとまでは言いませんが、今から20年も前に日本車にこんな素敵な形をしたスポーツカーがあったなんてすごく誇れることですよね。
日本のモータリゼーションは近頃なんだか下火ですが、もう一度誰もが憧れるようなカッコイイ車を作ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

京商のフェアレディこんなに綺麗なフォルムだったんですね♪
写真の撮り方かな?とっても欲しくなりましたw


Z32は最終型なんかも好きなんですが、ミニカーで決定版は中々有りませんよね。

No title

こんばんは。

京商からZ32型の2by2がモデル化されているとは知りませんでした。
私は2シーターの方は所有しているのですが、今回はBBSホイールの仕様になっているんですね。これは是非購入して2台並べたくなりました。

またKATOのZを知っているなんてさすがですね!
10年ほど前ショップで見かけたのですが、とても開閉が出来るとは思わないほどチリが合っていました。
結局ボディがプラスチックという事で購入しなかったのですが、見た目はなかなかのモデルだった記憶があります。

No title

Z32とFD RX-7…
共に、なかなかピンとくるモデルがないので見送っています^^;

でも…写真のモデルはとても恰好いいですね。さすがの撮影腕前です。

スポーツカーに乗ろうと思う…いいキャッチコピーですね。
今現在、新車で乗ろうと思う車がないので…ちょっと寂しいです。

なので、H2年式の相棒にはまだまだ頑張ってもらわないと^^

No title

hirokiさん、こんばんは!

最初の写真、強烈!いいですねえ、京商モデルとは思えない。

このZ32はhirokiさんが記されているとおりサイドビューの処理の見事さが特筆されますよね。
2シーターと2by2の差をほとんど感じさせない見事なデザイン、11年の長きにわたり人気を維持したのも頷けます。

2シーターのZ32はヘッドライトに黒いフチ取りがあり安っぽかったし、RX-7も名車なのに決定版と言えるモデルが登場しませんね。

それにしても、この写真の鮮やかな赤は美しい、ナイスショットです!(^_^)v

No title

Akiさん コメントありがとうございます!

京商のこのモデル、プロポーションはなかなかですよ~。
ただ、特有の控え目デフォルメが実車のグラマラス具合を再現しきれていないので惜しいです。

実車の人気は結構あるのに、おっしゃる通りミニカーは本当に決定版がなく恵まれていませんね。
…やはりここはhpi様に何とかしてもらうしか…(笑)

No title

saijiさん コメントありがとうございます!

実はひっそりと出していたんです(^^)
みなさんあまり取り上げないモデルだったので、存在感薄いですよね。
在庫は僅少かと思いますが、ぜひ手に入れて2シーターと並べられてください!

KATOのモデル、私は現物を見たことがないんです。
他には同じシリーズから80スープラも出てるみたいですね。ヘルパのプラ製モデルもそうですが、チリの合いは素晴らしいですね!
手にとって見なければ、これぞ最高の精密ミニチュアモデル!ですよね。

No title

カバネさん コメントありがとうございます!

ここに挙げた二台は、確かにピンとくるものは少ないですね。
そもそも車好き的にはかなり人気の高い両車であるはずなのに、明らかにミニカーに恵まれていませんね。ここはやはり国産43ミニカーの雄、エブロさんにお願いしたいところです。
もしくは、hpi-MIRAGEさんにシャープなレジンモデルを…

大きく重く、スタイルも軟派で全て機械任せの現行車より、80年代や90年代の一番元気なころの車に魅力を感じるのは自然な流れかもしれませんね。

ぜひ、愛車をおもいきりかわいがってあげてください!!

No title

ADかんちゃんさん コメントありがとうございます!

赤はやっぱり映えますよね!かなりフォトジェニックなカラーです。
このモデルを手に入れる際、かんちゃんさんの過去記事も参考に拝見させていただいたんですが、おっしゃる通り「きれいなミニカー」という感じはありますね。
実車に忠実すぎるのか、これといって特徴のない優等生な「ミニカー」…かな。
やはりここは、ダイナミックなデフォルメがトレードマークのエブロにモデル化してもらいたいです。

実車は、日産の経営不振などもあってモデルチェンジを出来なかったようですが、色あせないスタイルだからこそ11年もの間現役でい続けられたんですよね!
いつか実車に乗ってみたいなぁ。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。