スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'17 Ford GT

ご訪問ありがとうござます。


一旦ドカッと休んで、休んだかと思えばドカッと更新…

こんな感じで更新することが増えてますが、このブログ。


お休み前は青一色だった当ブログ、明けてからはなにやら赤いクルマばかりのご紹介となっていました。

というわけで、そんなお声もいただいたので今回は撮って出し。ほやほやの青いマシンをご紹介いたします。


Ford GT


当ブログでは珍しいホットウィール(ホットホイール)の新作。2017年式 フォードGT フォルツァバージョン。

Ford GT



Ford GT



Ford GT



キレーなメタリックブルーです!

粒子が細かくて、というかもしかしたらソリッドかも?と思っちゃう塗装。

そこに入るホワイトのデザインストライプがいかにもアメリカンスポーツでございます。



Ford GT



6_20161118230952e95.jpg



フォードGT。60年代にフォードが作ったピュアスポーツカーで、通称GT40と呼ばれた名車です。40というのは40インチの車高(25.4×40=1016mm)という超低車高から由来したものでございます。


2004年に、このコンセプトとデザインをリバイバルしたニューフォードGTが誕生。サイズは大きく、重量も重くなったこの新生GTですが、そのデザインは見事に初代を再現しためちゃくちゃカッコイイものでしたねぇ。


Ford GT



Ford GT



で、去年(2015年)にコンセプトモデルが発表されたのが、今回ご紹介しているモデル。

フロントフードの大きくえぐれたアウトレット、丸形テールライト、そして全体のスタイルなどこれまでのGTを踏襲したものと一見してわかるのですが、特にボディ後半の処理はかなり前衛的になりました。


上から見るとX字のようにルーフからフェンダーにつながったパネルと、その下を大きく抜けている孔が印象的。こりゃすごい。かなーり、かっこいいと思います!


大きく違うのはそのディティールに加え、ドアの開閉機構がディへドラルドア(バタフライドア)に変更されていること。

オリジナル、先代とも前ヒンジでルーフ部が一部ドアと一体化して開くタイプでしたが、今回のモデルではこの辺りが一気に近代現代スーパースポーツな雰囲気となっています。



Ford GT



Ford GT



ホットウィールのこのミニカーは、金型自体は以前に出ていたキャストのようですが、リアルライダー(ゴム製タイヤ)に金属シャシー、特別カラーが施された「レトロエンターテイメント」シリーズのもの。

今回のアソートのテーマは「フォルツァ」。グランツーリスモシリーズと人気を二分するカードライビングゲームですな。

ゲーム内に登場する?車両をイメージしたミニカーがラインナップされてますが、その中の一台です。

ゴム製タイヤのおかげでしっとりと転がるこの感じ、そしてメタルシャシーのずっしりとした重量感がかなりいいんです♪

シャシーもガンメタに塗装され、塗装の質感もホットウィールとしてはかなり高め。

前後のタイヤサイズが違うホットウィールの特徴も、割と様になっててキマってます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
HWで新型のフォードGTがあるのですね。
先頃ホビーフォーラムでHWを数台捕獲したのですが、マスタングばかりに気を取られていて全く気付きませんでした。。。次のお小遣いが支給されたら探してみたいと思います。
ボディと大径タイヤのバランスが絶妙でカッコ良いです。

No title

Ponys41さん コメントありがとうございます!

つい最近発売されたようで、思わず購入してしまいました。
マスタングももちろんかっこいいですよね。以前にPonys41さんがご紹介なさってたノレブのモデルが、一般向けに発売されてますし、私もそれ購入しました。

ホイールもトルクスラスト風の5スポークでかっこいいですし、これはおすすめですよ(^^)
プロフィール

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。