スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1? Not M1

こんばんは。


前回のウアイラ、引っ張りたいんですがいろんなミニカーを撮ってみたくて、今回はまた違うやつを。ちなみに今回のミニカーは既出ですが。



1 Series M coupe



ミニチャンプスから過去に発売された、先代1シリーズのクーペをベースにしたMモデル。


順当にいけば「M1」と名付けられるハズなのですが、このクルマの場合は「1シリーズ Mクーペ」という名称が与えられました。


ヨーロッパでは台数限定で販売され、日本へは諸々の事情にて正規導入はされませんでした。

サイズ感的にもパフォーマンス的にも、かつてのE30 M3やさらにさかのぼり2002ターボを意識させるファン垂涎の一台だったのですね。


1 Series M coupe


ベースとなる1シリーズクーペに比べ、片側約25mmずつ拡大された(写真で見る限りはそれ以上に見える)前後のフェンダー、専用形状の前後バンパー、3リッター直6ツインターボに置き換えられたエンジンなど一見控えめながらタダモノじゃない感がそこはかとなく漂ってきます。

タイヤサイズがこれまたワイドで、フロント245/35R19、リヤ265/35R19というサイズ。
コンパクトで機敏な動きを予感させるボディ、3ペダル式のMT、ツインターボによる滑らかかつ爆発的なパワーと、今世紀のクルマとしては最高におもしろそうなクルマの一台だと思いますな。乗ったことないけど。



1 Series M coupe


久々に引っ張り出して眺めましたが、ミニチャンプスのこのモデルは実に気合の入った素敵な出来だなぁと。

まず、持った感じダイキャスト製を感じさせないほど軽いんですね。

今は亡きHPI製の1/43モデルを思わせるのですが、ダイキャストの肉厚を削り、モールドも極力シャープに表現されています。

特徴的なフロントバンパーも、抜けてこそないものの彫りが深くて実にうっとりするイケメンマスク。

塗装のノリもよく、数年所持していますがミニチャンプスの弱点である塗装の荒れは今のところかけらも見られません。発色もかなり美しいですな♪

ドアミラーとリヤスポイラーにはカーボン柄のデカールが貼られ、メッシュ形状のホイールもシャープ!

室内に目を向けると、メーターパネル内やステアリング中央のエンブレムなどのデカールはもちろんなのですが、ほぼブラック一色のインテリアの中赤いステッチがやや大げさながら再現しており、これがあるだけでつや消しブラックの内装が革仕様に見えるから不思議。

カッパーオレンジのこのモデルは、当時瞬殺で売り切れまして現在も入手はそれなりに難しいと思いますが、別注品やカラバリでホワイトやブルーなど様々なカラーのモデルが発売されています。

どのカラーコーディネートもかっこいいので、おすすめモデルですね。


あ、ただトレッドがちょっと狭いので、多少そのあたりを調整してあげるとさらにスタイリッシュなモデルになりますよ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。