スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTA CELSIOR 2003

ご訪問ありがとうございます。


今日は一歩も外に出ず過ごしました笑
最近夜更かし癖がついちゃって、本当にやばい…朝しっかりすっきり起きれるように、早く寝るようにしないと。


休みが続いているうちに、更新しましょう。


CELSIOR 2003


京商から発売されていたモデル。トヨタ セルシオ。



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



<実車の概要>
1989年の初代デビュー以降、長らくトヨタの最高級パーソナルカーの座についてきたのがセルシオ。そもそもは世界を舞台に戦えるプレミアムカーを作るという思想のもと、トヨタのプレミアムブランドであるレクサス発足に向けて開発されたクルマ。なので、レクサスのフラッグシップ「LS」としてデビューしたのが最初。
このセルシオ(LS)の登場により世界の高級車作りが変わってしまったとも言わしめたほどで、その静粛性の高さや内外装の品質の高さについては折り紙付きとのこと。日本は当時バブルまっただ中であり、トヨタとしても豊富な資金をこのレクサスおよびLSの開発に当てたということでしょう。
個人的にセルシオのデザインは好みで、特に初代のラウンドしたキャビンのデザインが非常に優雅で素晴らしいと思います。
2代目はキープコンセプト、3代目でそのスタイリングを大きく変え2006年までセルシオは販売されました。3代目の後期型が2003年に登場しますが、シャープな顔つきになったそのスタイリングはこれもなかなかいい感じ。
06年にレクサスを国内にも展開、看板車種の一つとして以前のセルシオよりもやや高級路線にシフトした新型LSシリーズが販売開始となっています。

CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003



CELSIOR 2003


CELSIOR 2003


<モデルカーの概要>
京商から最近発売された3代目後期型。前期型は10年以上前にJコレクションから発売されています。
京商は毎度突然なアナウンスで意外なクルマをダイキャストモデルでコンスタントにリリースし続けていますね。特にトヨタ関係には力を入れていて、今後もマークXやアルファード・ベルファイア、レクサスIS、RCなどなどがダイキャストモデルでリリース予定となっています。
さて、この後期型セルシオ、Jコレクションの前期型とはどうやら全くの別金型のようです。京商らしくおそらく大きなデフォルメを嫌ったスマートなフォルムは、Jコレの前期型よりシャープに仕上がっています。
細かい仕上がり、品質についてはあまり値上がりをしていないためかそれなりのコストダウンを意識させられるもの。タイヤの質が非常に低く、ホイールにきちんと嵌らないようなものがあったりします。塗装についても、そこそこ艶はあり滑らかんですが少々荒れている部分も。クリアパーツも傷が目立ちます。
しかし特に灯火類の出来については京商らしく美しい仕上がり!ヘッドライトの内部造形はかなり細かく作られていますし、テールライトの横ラインも細かく再現されています。そのフィッティングも上々。
イメージカラーのこのシルバーについてはほかにあまり色合いの変化がなくやや地味ですが、最近のダイキャストモデルの中でも比較的リーズナブルに抑えられているため、十分なクオリティを有しているモデルだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。