スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAZDA ROTARY COUPE RACING 1970 Spa 24H #32

ご訪問ありがとうございます。


さて、ではでは予告通り。


rotary coupe


このモデル、欲しかったんですがなかなか店頭で見る機会がなかったんですよね。

私と言えば?そろそろ?なじんできたころではないでしょうか?

そう、青い青いこちらのマシン!マツダ ロータリークーペ レーシング 1970 スパ24時間耐久レース仕様。



rotary coupe



rotary coupe



予告記事にて、フォードのエスコートとツーショットで載せたりしましたが、この年代のツーリングカーってベースはすごく質素だったり何の変哲もない大衆車で、レーシングカーと言ってもベースの面影を色濃く残す最小限のモディファイのみが施されたクルマ、といった感じ。

しかしそれが、妙にクルマ好きの心をくすぐる素敵マシンに見えちゃうんですよね。



rotary coupe



rotary coupe



このクルマもそんなモデル。

ベースとなったのは、ファミリアプレストとサブネームが付き1970年にマイナーチェンジが施された車両。同クラスにカローラやサニーが属する、コンパクトセダンおよびクーペとしてマツダが発売していたファミリアですね。

その中でも、ロータリーエンジンを搭載することで高度な運動性能を有していた「ロータリークーペ」をベースとして、レーシングカーに仕立て上げたのが今回ご紹介するクルマです。


rotary coupe



rotary coupe



rotary coupe



前後バンパーを取り外し、24時間レースとして夜間の走行も考慮したフォグランプをグリル前に装着、さらに前後オーバーフェンダーも取り付け、ワイドタイヤを収められるようにしています。

リアフェンダーは、ベース車のフェンダーラインを崩さないようアーチではなくまっすぐに切り取られた造形でこれがまたなかなかおしゃれ。


モデルとして特徴的なのは、フロントフード上に設置されたバグガード。なかなか見られない装備ですね。


rotary coupe



rotary coupe



rotary coupe


モデルはエブロ製。品番が500番台と、これももう結構年代物になりつつある製品ですな。

おそらく12,3年くらい前に発売されたものだと思いますが、出来としては今見ても特段悪いところは見受けられません。むしろ、ロゴのほとんどはタンポ印刷で表現され小さなテールライトまできちんと使われたクリアパーツ、別パーツで再現されたドアノブ、小径かつ変に分厚くないタイヤおよびホイールなどなど、シンプルな構成ながら細かなところまで丁寧に作られていて満足度高いと思います。

これがねー、ほんっとにこういうクルマが好きになってしまうとめちゃくちゃシブカッコイイんですよ。個人的な盛り上がり度と言いますか、かなり偏った高評価を与えていることも否めないモデルなんですよね笑

ちなみに、当時スパを走った3台がカラバリですべて発売されていましたのでどうせなら3台並びやってみたいところですが、残念ながら未入手。

この32号車を購入した際、店頭にはグリーンの33号車もあったんですがレッドの31号車はなく。そして、32号車にはフォグのカバーがついてないんですが、31、33号車にはフォグライトカバーが装着された状態でのモデル化となっており、カラバリだけでなく細かな仕様違いも楽しめるのですね。

いずれ、他の2台もゲットしたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
うわ、これはまた渋いのを!!

この頃はまだ、レースカーでも3~4千円でしたね。
集めやすい1/43が多かった気がします。

No title

うーん、いちいちカッコ良すぎです。
画像と言い、チョイスと言い・・・もぅシブ過ぎですわ!

レースカーの基本はやっぱ「ハコ」ですね。

No title

カバネさん コメントありがとうございます。

そう、激渋ですよねこれ!
ほんとに、この出来のレーシングカーモデルでも今のロードカーモデルよりかなりお安かったんですから、いい時代でしたよね。
ミニチャンプスのレーシングモデルがちょっと高いかなって思うぐらいでしたが、いまやそれすら軽く超えてますし…

No title

ダダンジさん コメントありがとうございます。

モデルはちょっと色合いもくすんでいるんですが、それがまたこのクルマの性格に合っている気がして最高なんですよね!

やはりおっしゃる通り、箱の競技車こそ基本中の基本だと思います。
そしてそこから派生した、箱とフォーミュラの融合のようなCカーもやはり最高だと思います笑
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。