スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lamborghini Aventador LP700-4

ご訪問ありがとうございます。


LP700-4


LP700-4


※あとで随時画像追加していきます!→画像追加完了!

今回ご紹介するのは、1/24スケール以上のサイズで知れたウィリー、その上級ブランドであるGTオートから発売されたもの。

1/43 ランボルギーニ アヴェンタドールです。

CIMG4412.jpg


CIMG4386.jpg


CIMG4410.jpg



このモデル、カラーリングがかなり独特な色合い。

紫といってよい色だと思いますが、その毒々しさに加えてさらにはマット塗装という奇抜さ。このくらいのセレブリティカーの世界では、数年前からマットな塗装が流行っていますね。



CIMG4448.jpg



aventador



またルーフは半艶のブラックに塗られ、そして左のミラー上面はイタリアントリコロールが施されるというなんとも個性的かつ見ようによってはクールなモデルとなっています。


このクルマ、ウィリーは1/18でもモデル化している様なのですが、ドア前端には小さく見慣れないサインのようなものが記されています。

どうやら、実在するクルマのようです。


ちなみに実車は、このカラーリングに加えリアウイングが装着されている模様。ウイング以外には特別なエアロパーツ等は装着されていないようですが、それだけでもかなり印象は異なりますね(特にリアセクションから見たとき)



そうそう、リアと言えばナンバープレートが付いているのですが、そこに書かれた文字は「CATCH ME IF U CAN(捕まえられるもんならやってみな!)」と何とも洒落の効いたにくい演出が。

これも実車通りなのでしょうね。



aventador



aventador



aventador



モデルは冒頭でも述べた通り、ウィリーの上級ブランド「GTオート」から発売されたもの。

同サイズの同モデルがウィリーブランドからも発売されていたようですが、やはりそちらは廉価版といった出来のようですね。


上級ブランドということですが、定価で5000円弱と最近の1/43にしては割とリーズナブル。

出来としてはなかなかいい感じですよ!以前にマテルエリートのアヴェンタドールを紹介したことがありますが、あちらはフロントセクション、特にヘッドライトに違和感があったんですよ。ライトが大きかったのか、やや寄り目で表情が違ってたんです。また、リアトレッドがボディに対して狭く全体的なバランスの悪さが目立っていました。


対してこちらのモデルは、顔だちは整っており足回りも問題なし!

また、マットかつ隠ぺい力の強い塗装のおかげでしょう、比較的薄塗りにできている様でノーズの折り返し部分やサイドのキャラクターラインなど、エッジが非常にシャープで安価なダイキャストモデルとしては驚くほど切れ味抜群なフォルムを成しています。


クリアパーツの厚みがやや目立つ設計であったり、またホイールのエンブレム再現が省略されているなどコストダウンであろう処置もところどころ目立ちますが、逆に言えばめだつのはそれくらいで、他は無難ながらも上手にまとまっている好モデル。

カラバリとしてはほかにホワイトが出ているのみでやや寂しいですが、気になる方はどうぞ実際にその目でモデルを楽しんでみてください♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。