スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mercedes benz C Klasse Coupe 2016

ご訪問ありがとうございます。


さぁ、今回は久々に新製品紹介と行きましょうか。予告もなしで突然ですが、これはロードカー好きな私としては非常に惹かれました。



C coupe 2016



メルセデス特注モデルカー 京商製 1/43 Cクラスクーペです。



C coupe 2016



C coupe 2016



2年前に新型に切り替わったCクラスセダンですが、2015年9月開催のフランクフルトショーにてセダン、ワゴンに続く第3のバリエーションとなるクーペが初公開されました。



C coupe 2016



C coupe 2016



フロントからの眺めはセダンとそう変わらないような印象のファミリー共通のデザインですが、見どころはBピラー~後半部。

なだらかにカーブする、ややハッチタイプにも近いルーフラインからボリューミーに張り出したリヤフェンダー、そしてきゅっと絞り込まれたテール部分と、コンパクトながらも非常に色気のある美しいクーペデザインを体現しています。



C coupe 2016



C coupe 2016



テールライトはセダンが縦型の伝統的なセダンスタイルの形状であるのに対し、クーペはSクラスクーペと共通イメージの横長なタイプ。
絞り込みながらもプレステージ性の高いワイドなデザインを強調する、クーペの性格にピタリとはまるデザインとなっています。


結構セダンとは違うように見えるそのデザインですが、サイズとしてはほぼ変わっていないそうです。全高のみ、足回りのセッティングの違いにより15mmほどセダンより低められているそうですが、ということはややAピラーの傾斜など違いはあるそうですが上屋のサイズはセダンとは同じということですな。


それでいて、これだけ美しく優雅なスタイルを創り上げているわけですから、デザインの力というのは本当に大きな力を持っているということが分かります。



C coupe 2016



C coupe 2016



ラインナップとしてはガソリン車が1.6リットルのC180 、2リットルがそのチューニングの違いによりC200 、C250、C300の3つ、および2.1リットルディーゼルエンジン搭載のC250dというバリエーション。

さらには、その頂点に4.0リットルツインターボV8エンジンを搭載したC63 AMG Sクーペを設定。そのパフォーマンスはもちろんのこと、クーペというスポーティな性格を考えるとカーボンパーツを追加したワイルドなアピアランスはさらに魅力を上乗せしているように思います。



C coupe 2016



C coupe 2016



C coupe 2016



メルセデス特注モデルとして発売されたのは、グレードとしてはおそらくC250もしくはC300あたりだと思います。カラーバリエーションは写真のメタリックレッドと他にはシルバーが存在します。


製作は京商とのことですが、最近のディーラー特注品はほんとうに様々なメーカーが制作を行っていますね。

京商は以前にもEクラスのフェイスリフトモデルやSクラスクーペのモデルなどを制作していますが、私はそれらのモデルを入手してはいないものの写真で見る限りはどんどんクオリティは上がってきている様です。

このCクーペに関していえば、その出来はミニチャンプスなどとも肩を並べる美しいフィニッシュだと思います。



C coupe 2016



C coupe 2016



C coupe 2016


特徴的なLEDヘッドライトは、リフレクターの造形および塗装とそれをしっかりと魅せる透明度の高いクリアパーツによって質感高く再現されています。

また複雑な形状を持つフロントエアダム周りもその造形をよくとらえていて、インテーク部分にはエッチングの別パーツが貼り付けられるという最近のモデルのトレンドに則って造形されています。


テールライトも実車はLEDなのですが、こちらもリフレクターの形状が工夫されそこそこうまく再現されていますね。テール周りにはスリーポインテッドスターのみという非常にシンプルなマーキング類なのですが、これは実車通りなのですね。グレードを誇示するようなエンブレム類は要らない、そのデザインのみで勝負するという姿勢を表している様で非常にすっきりと好感の持てる眺めです。

ホイールの形状も、マルチスポークのものをシャープに再現できています。


グラスルーフ仕様をモデル化しているため、室内にもよく光が入ります。ベージュの美しいインテリアが細かく再現されており、シートベルトキャッチやルーフトリムまで再現されるなどこちらもよく作りこまれた最近のモデルといった印象。

肝心のボディ塗装も平滑で美しく、またメタリックの発色もかなりイイ!

全体を通して、京商の「詰めが甘い」ような印象を吹き飛ばす良モデルだと思いました。いずれ京商の通常品ラインでも発売されるかもしれませんが、これはまたロードカー好きにはおすすめのモデルですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

隠し味!(爆)、き~っ(泣)、こんなに美しい写真で見せつけておいてよく言いますっ。
(゜-゜)(。_。)
素晴らしいモデルですね、こういうのを当たり前に魅せられるから、やっぱりここがナンバーワンなんですよ。
^_^)/▼☆▼\(^_^)
このモデルの見所は、私の中ではフロントセクション。
抜群のフロントライトの造形に、透明度抜群のライトカバー。
ご飯三杯はいけるでしょう。
だからといってリアランプを手抜きしないあたり、京商さんの破壊力抜群のフィニッシュラインにノックアウト寸前。
o(^-^o)(o^-^)o
やっぱりやる時はやるメーカーですなぁ。
私も・・欲しいっ。

No title

hikaruさん コメントありがとうございます。

今回もモデルの出来に非常に助けられた結果でございます(笑)


そうなんですよ、hikaruさんなら絶対そこに惹かれると思ってました!
最近の欧州御三家のモデルカーは、このライト類が見どころの一つなんですよね。
LEDを使った透明感あふれる複雑なこの部分、モデルとしてどう作り上げてくるか…
結果、京商さんはこんなにも実感あふれる仕上がりで完成させてくれました。

最近は海外車種に力を入れている京商ですから、本文でも書いた通り京商の通常ラインで
近いうちに発売されるかもしれません。
ディーラー特注モデルは、一般市場になかなか出回らないのがつらいところですよね…

No title

hirokiさん、こんばんは。お久しぶりです。
私も先日これ入手しました。ほんと京商とは思えない素晴らしい出来にびっくりしました。
通販で入手したのですが、前モデルのノレブ製が今一つだっただけに、あまり期待していませんでしたが、突然こんなモデルが届いてほんと驚きました。
このメタリックレッドがCクラスクーペの艶めかしさにぴったりで、納得の出来です。
それにしても実写のカタログのような味のあるいい写真ですね。
とても1/43には見えませんよ!

No title

saijiさん お久しぶりです!コメントありがとうございます。

やはりsaijiさんもゲットされていましたか!一連のメルセデスモデルをご紹介されていたので、
これももちろん入手されているだろうなぁと思っていました。

ディーラー特注系のモデル、メルセデスでいえばシュコーのモデルなんかは写真で見る限り出来がよさそうでしたが、その後のCクラスなどはノレブがちょっといまいちだったりと、ころころと制作メーカーが変わるのはできればやめてもらいたいところですね。
この京商のように、以前はいまいちでもクオリティが上がっているようなモデルであればウェルカムなんですけど(笑)

写真のほうも、モデルがかなりいいので気合を入れて撮影しました!お褒めいただきありがとうございます(^^)このレッドメタがまたいい味出してますよね~。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。