スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小車ヲ撮ル 2

ご訪問ありがとうございます。

さて、前回の続き。今回は、ミニカーを撮るうえでのアングルを考えてみたいと思います。


MITSUBISHI EVO3


一応私、ミニカーブログを始めてから8年くらいと結構長い期間ミニカーを撮っているんですけども、ミニカーだけ撮っているしょうもない感じでも何となくカメラのことには知識がつきます。

で、一時期ハマっていたのは「望遠で撮る」方法。

普段私たちが目で見ているクルマ(実車)は、圧倒的にこの望遠で撮る状況に近い状態で写っているはずです。

ここからは写真に詳しい方にとっては眠たい話、また間違ってるだろお前!っていう話かもしれません。間違っているときは、温かくご指摘お願いしますm(_ _)m


望遠で撮る、すなわちカメラのレンズを大きく伸ばして撮るわけですが、こうするとより遠くにあるものに近づいて写すことができます。あるものにクロースアップして撮るわけですから、その一帯にあるものが凝縮され写ります。なので、背景にあるものもギュッと近づいて、大きく写ることになります。

と、いうことは。

基本的に縦に長さのあるクルマの場合、前と後ろの距離が疑似的に近く写る、といった写り方になります。本来、遠くにあるものはより小さく写りますが、望遠で撮ると後ろのほうのものもそれなりに大きく写るんですね。前輪と後輪の大きさがほとんど同じに映るような感じ。

なので、遠くのものが小さく写るという「歪み」にとらえられるものがなくなり、よりクルマらしい姿で写真に収めることができるわけです。


MITSUBISHI EVO3


evo3 1


evo3 2


evo3 3



以上の写真は、望遠寄りで撮ったもの。どうでしょう、歪みのない(ような)より自然なクルマの形を切り取れている感じがしませんか?

ですが!私としてはこのクルマにとってここまでしっかりと望遠に振った写し方はあまりふさわしくない気がするのですね。

せっかく立体感のあるフロントエアロ、リヤウイングなどの見どころがあるのに、これではあまり面白味がない気がするのです。

また、実はこの望遠側は家の中でミニカーを撮るという距離感ではさほどメリットがありません。望遠側で撮るには、それなりに離れていないとピントが合いません。なので、これもピントが合う範囲での望遠、ということで撮影しています。


そこで、今度は望遠の反対、ズーム側で撮影してみます。


MITSUBISHI EVO3



MITSUBISHI EVO3



MITSUBISHI EVO3



MITSUBISHI EVO3



こんな感じで撮ってみました。最後の一枚はちょっとわかりづらいかな。どちらかというとズーム側、といった程度で撮っています。

ズーム側で撮るといわゆる「歪み」が強調されより立体感のある写真になります。こうすることで、エボIIIの大きなフロントエアダムがより強調され、このクルマにふさわしい写真となる(気がしている)のです。

ただし、たとえばズーム1枚目の写真なんかは確かにフロントの迫力が出てますが半面後ろに行くにつれそのディティールはわかりづらく、クルマ全体の形もよくわからないものとなっています。

あとは、ズーム側だと文字通り被写体にズームするわけですからより対象の近くに寄って、つまりアップにして撮ることができるので小さなミニカーにとっては有効な方法でしょう。しかし、ズームしすぎると歪みが大きくなるのと同時にピントの合う範囲も狭くなるので注意。

近眼の方はわかると思いますが、近くにものを寄せてみるとその向こう側はすべてボケていますよね。あれと同じことが起こります。



このように、カメラ側の設定一つレンズの距離一つとっても、同じモデルカーでほぼ同じアングルでこれだけ色とりどりの表情を見せてくれるわけですね。


こうやって撮っていく中で、そのモデルカーが一番かっこよく見えるアングルを探っていっていますが、これがまたなかなか難しいんですよね。今日は仕事が早く終わり珍しく(?)ミニカー撮影の意欲がもりもりと湧いてきました。なのでたくさん撮ってたら今回みたいな記事を思いついたわけですけども。


MITSUBISHI EVO3


8年前、目標とするサイト様がありそれを目指してブログをやってきましたが、一応自分のブログの味というものが出てきた今、こうして改めて自分のスタイルを再確認する形でこういった企画もやってみましたがいかがでしたでしょうか。

また深く掘り下げられる何かが見つかれば、企画的に何かやってみようと思います。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

^_^)/▼☆▼\(^_^)

これは素晴らしい記事を上げられましたね。
非常に皆さん、参考になるかと。
(*^o^)/\(^-^*)
そしてこうしてここが発信するからこそ凄まじい説得力があります。
ただ、たったひとつだけ・・ごめんなさいhirokiさん、
「hpiのランエボは卑怯です(爆)」
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
カッコ良すぎでしょ(笑)。
というのは冗談として、私もやはり台座は外すべきかなと。
アングルはもちろん、その方が何より見ていて欲しくなるんですよね。
同じ写真でも、やっぱりそのまま置いた方が美しいです。

No title

鮮やかな黄色で魅せて、記事で唸らせる・・・うーん、hiroki塾。

撮影/カメラド素人のワタクシにもわかりやすく
参考になる記事をありがとうございます!
更に某PFさんちのエッセンスを加えれば・・・おぉぅ。

あとは・・・ワタクシがコレらを実践することですなwww

はじめまして。
以前からブログの方、拝見しておりました。初コメントです。

界隈にミニカーを取り扱う店舗がないため、このようなブログでのレビューが大変参考になります。

そうした中でhirokiさんとhikaruさんの写真は本当に写し方が抜群で、他のブログだと「何かイマイチなカンジ…」に感じるものが物凄くかっこよく見えるんです。(特にエブロのモデル)

今回の記事はカメラド素人の私でも違いがわかる記事で奥が深いな~と感じつつ、参考にしていきたいと思います。

No title

hikaruさん コメントありがとうございます。


ネタがないなぁと思いながら、バシバシエボを撮っていたらなんとなく思いついたので記事にしてみました。ですが書きたいことがありすぎて、記事二つに割ってもなんとなくまとまらず…ww
いや、まぁ確かにエボは卑怯なくらいかっこよすぎました(笑)

そう、やはり写真として美しく楽しむには、モデルカーは台座から外すことが大前提ですよね!
ミュージアム的な眺めを楽しむならば台座ごと撮影するのもありっちゃありだとは思いますが、
やはりしっかりと着地させることはクルマのあるべき姿ですよね。

No title

ダダンジさん コメントありがとうございます。


鮮やかなカラーとよくできた造形のかっこいいモデルでお茶を濁す、hiroki塾…
いえいえ、撮影に関しては私もほとんど直感と素人知識のみで動いているのでほんとにど素人もいいとこですよ!

某PFさんちのエッセンスは、ありゃもう光のマジック。隠し味どころか味付けはあちらだけで十分かもしれません(笑)

No title

hiroさん ようこそいらっしゃいませ!ご覧いただきありがとうございます。

私はほとんど新製品レビューなんかもせず、古いモデルも使いまわしでなかなか新しものが入荷しないのでお役に立てるかどうか…(笑)

背景が黒という点からも、hikaruさんとことは私自身共通するものがあると感じているんですが、そんな中でこちらはこちらの味を出すために精進しています。

やはりクルマ好き、ミニカー好きとしては自分自身が見て「これはカッコイイ!欲しい!」と思える写真を撮りたいですからね(^^)
hpiとか、題材自体がカッコイイ美しいモデルは当然かっこよく写りますが、そうでないものでもかっこよく写せるようにこれからも頑張っていきますよ♪
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。