スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六連星の軌跡。

ご訪問ありがとうございます。

ずっと続いていたここ数日の寒さが、今日は少し和らぎました。軒並み一ケタだった最高気温が、10度を上回ったのでだいぶ暖かったですねぇ。
とはいえまだ2月なので、もう一回ぐらいは気温が下がる期間があったりするのかな?


さて、本日は割と新しいものを紹介します。
先月のhpi-racing新製品からの一台。長らくモデル化に恵まれてなかった名車です。




regacy RS tour de corse



スバル レガシィRS 1993ツール・ド・コルス。

現在ではワークス体制での世界ラリー活動をやめてしまったスバルですが、それでもスバル=ラリーというイメージは変わりません。

そんなイメージをがっちりと固めたのは言わずと知れたインプレッサですが、その確固たる地位を築くまでの土壌を作り上げていたのは、レオーネやそれに代わり登場したこのレガシィでした。



regacy RS tour de corse



regacy RS tour de corse



スバルの世界ラリー挑戦の黎明期、初代レガシィRSは1990年からの4年間WRCへ参戦します。
スバル・テクニカル・インターナショナル(STi)が、世界でのレガシィのイメージを高めるためプロドライブとタッグを組みラリー活動を行いました。



regacy RS tour de corse



ドライバーとして抜擢されたコリン・マクレーは、スバルのラリー黄金時代を支えた名選手でした。
若いころから速さはずば抜けていて、たびたび大きなクラッシュ事故も起こすものの才能は素晴らしかったドライバー。
彼は2007年に自家用ヘリの墜落による事故死を遂げ、39歳という若さでこの世を去ってしまいました。
人柄も良かったらしく、多くのファンが彼の早すぎる死を嘆きました。


regacy RS tour de corse



regacy RS tour de corse



さて、レガシィは93年までレースを戦いましたが、この4年の間で速さこそ見せるものの優勝はほとんどありませんでした。
そして、このレガシィの語り草となるのが93年のニュージーランドラリー。
このNZで、スバルとしては初、レガシィとして最初で最後の優勝を飾ったのです!

ちなみに今回紹介しているこのマシンは、同じ93年のツールドコルス仕様。
ターマックらしい低い車高と大径ホイールでとてもかっこいいですが、戦績としては総合5位と目立った成績は残していません。



regacy RS tour de corse



regacy RS tour de corse



前々から、イクソが発売を予告しておりスバルファンをやきもきさせていましたが、そのイクソよりも早いタイミングで、hpiから今回3種のレガシィRSが発売されました。
コルス、NZ、そしてターマック仕様をベースにしたプレーンカラーがそれ。
今後もバリエーション展開が予定されていて、イクソとガチンコの車種となりました。

もともとシンプル&クリーンなデザインの車ですが、そのデザインをうまく再現してきました。
フロント開口部の細かさがすごいですが、バンパーなど一部プラパーツを織り交ぜていることで成しえたシャープさですね。

ワイパーがフロントガラスパーツと一緒になってるなどコストダウンも図られてますが、今回も安定したhpiクオリティです。
プレーンカラーだけでも手元に置いてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

hirokiさん、こんばんは!

カッコイイですよねえ、レガシー。
直線基調だけど飾らないというか素直というか魅力的な車ですよね。

現行車より旧いレガシーの方に惹かれますね。

このモデルもでしたっけ、このモデルの次かなポルシェデザインだったのは(^_^;
モデルは、さすがhpiという感じ、高いところの仕上がりで安定してますね。

モデルの良さを伝える見事な写真です、背景色もいいし、アングルもグッド(^_^)V

おはようです。

初代レガシィ、いいですね。
しかもWRC仕様は更に格好良いです。

ADかんちゃんさんも仰ってますが、現行よりも古い型に魅力を感じますね。

マクレー、壊し屋でしたね~。
海外のあだ名はマクラッシュだったとか。


これは私も欲しい一台ですね。

Re:六連星の軌跡。

hirokiさん、こんばんは。

このレガシィ、遅れ馳せながら私もようやく引き上げてきました!
相変わらずhpiさんGJ!な仕上がりですよね。
今回に関しては個体差も少ない感じですし、イイ具合です♪

マクレーといえば、クラッシュorウィンの限界ギリギリドライブ、バックカントリー爆走・ショートカット上等のアグレッシブな走り、クラッシュした愛車フォーカスにお見舞いする華麗な蹴り、etc...
走り・人となりともに親しみのあったドライバーだっただけに、事故は本当にショックでした。

Ford Focus WRC、hpiさんから出たりしませんかねぇ…(^^;

No title

ADかんちゃんさん こんばんは!コメントありがとうございます。

>現行車より旧いレガシーの方に惹かれますね
現行レガシィは、なんというか…すごくメタボっちゃって残念な感じですよね(汗
私も同じく、旧型の方に魅力を感じます!もっと言えば5ナンバー時代までですかね。

今回のレガシィは、hpiお得意「売れ線の決定版」とはやや路線を外れた、ニッチを埋めたモデルのような感じですが、仕上がりはかなり安定していて改めてさすがhpi!と思わされました(^^

No title

70sとむさん こんばんは!コメントありがとうございます。

>初代レガシィ、いいですね。
しかもWRC仕様は更に格好良いです
グループAで市販車とそう変わらないはずなのに、どうしてこんなにかっこいいんでしょう。
無駄にごつくないところが素敵です。

マクラッシュ、壊し屋マクレーですか。うまくかけましたよね~(^^

現時点では売り切れ続出のようですが、そのうちひょっこり再販とかされるかもしれませんし、ぜひ入手してみてください!

No title

ぬっぺほふさん こんばんは!コメントありがとうございます。

>今回に関しては個体差も少ない感じですし、イイ具合です♪
目立つマークが一つ一つ大きめなのが効いているのかもしれないですね!ボディ形状もシンプルですし、結構作りやすいのかも。

>マクレーといえば、~
映像でも、相当アグレッシブな走りが見てとれますよね。人間らしさが非常にあふれていたドライバーだと思います!
事故のニュースを見たときには、私もかなりショックでした。

フォーカス、いいですねぇ。
hpiさんがWRカーのマシンたちをモデル化することがあれば、外せないマシンですし。
期待したいです(^^
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。