スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo

ご訪問ありがとうございます。


NISSAN VISION GT 2020


さて、今回はこちら。

ニッサン コンセプト2020 ヴィジョン グランツーリスモ   です!



NISSAN VISION GT 2020



NISSAN VISION GT 2020


さてさて、冒頭で後ろに並べたのは以前紹介済みのTLV NEO製日産GT-R NISMOでございます。

このヴィジョンコンセプト、縦型のヘッドライトやグリルの造形、さらには丸形のテールライトなどから明らかにGT-Rを意識したデザインであると言えるでしょう。なので、現行型最強のGT-Rニスモと並べてみた次第です。

また、ニスモが白なので今回のヴィジョンコンセプトは赤で行ってみようと決めてました。


NISSAN VISION GT 2020

NISSAN VISION GT 2020


この「コンセプト ヴィジョングランツーリスモ」とは、カーレーシングシミュレーションゲームの「グランツーリスモ」と実際の自動車メーカーがコラボレーション、それぞれのメーカーが考える「最高のクルマ」を形にしようというもの。

すでに多数のメーカーがこれに呼応し、これまでにも数多くのコンセプトモデルを生み出してきたわけですが、日産もこの企画に協同、結果誕生したのがこのコンセプト2020なのですね。


6_20151214223113fc3.jpg

NISSAN VISION GT 2020

NISSAN VISION GT 2020


冒頭でも書きましたが、そのデザインは全体的なフォルムは異形、近未来を感じさせる非常に複雑かつ印象的な造形。

しかし各部ディティールに関しましては、明らかに現行型GT-Rを思い起こさせる要素があると思います。

何よりもテールライトとして配置された丸形のモチーフ、これは当時モデルが発表されたときにも話題になったようですね。

しかしそれもそのはず、日産にとっての「GT」と言えば昔も今も(スカイライン)GT-Rに他なりません。2020と銘打たれているとおり、このコンセプトモデルは2020年という近未来のGTカーをイメージして作られたのだと思いますが、それはつまり「2020年の日産におけるGTカーのシンボル、つまりはGT-R?」となるわけですね。


そのプロファイルとしては、V6ツインターボ+3モーターのハイブリッドパワーユニットに、AWDシステムを組み合わせている2+2のシートレイアウトを持つとされているそう。

デザインは、自由に描かれたラフスケッチをベースに技術部門の空力的アドバイス等を加え、有効なエアロ効果を発揮するものとして完成されたということです。


NISSAN VISION GT 2020

NISSAN VISION GT 2020

NISSAN VISION GT 2020


今回発売されたのは、TLV NEOシリーズの1/64スケールミニチュア。

カラバリとしてはグレー、そしてこのレッドがあります。実物大スケールモックとして最初に公開されたのは、R35GT-Rを思わせるグレー。そしてその後マットレッドが公開されています。なお、今回のモデルにあるソリッドなレッドは、グランツーリスモゲーム内で選択できるカラーとのこと。

出来としてはこのスケールでこれ以上望むものはないくらいの完成度だと思います。まぁ、価格的にも一昔前の1/43なみのお値段となっておりますので当然と言えば当然なのですが、金をかけた分しっかりといいものができているなぁという印象。

前述のGT-R NISMOと同様に、ホイールの向こう側にはブレーキディスク、キャリパーがちらりと見えます。ルーフ部分のボディパーツはプラの別成型ですが、ダイキャスト部分と色味の違いは皆無。メインのダイキャストボディ自体も、ソリッドレッドというカラーリングながらエッジがきちんと立っており実車の魅力をギュッと凝縮していますね。

リヤに目を向けると、大型のリヤウイングや丸形のテールライト、下部に備わったディフューザーもシャープに、そして緻密に仕上げられていて満足度高めです♪

ちなみに、実車についているサイドミラーについては別ランナーで消費者後付パーツとして付属しています。しかし個人的にはこれはないほうがよりすっきりしたデザインを楽しめると思いつけていません。ボディ側にガイド用の穴が開いているのが少々残念ですが、今後もおそらくつけないと思います。



コンセプトモデルなだけありかなりアクが強いデザインであり、好き嫌いも非常に分かれるクルマだと思います。しかしこのデザインに魅力を感じたならば、ぜひこのモデルも手に入れてじっくりとそのディティールを味わってみてください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

最近すっかりTLVにハマッている私ですが、発売される物全てを買う訳にはいきません。この車も「半分空想みたいな車なのでスルーで...」と思っていました。

ところが先日このブログを拝見して「夢みたいな車だからこそトミカで...」とポリシーを180°転換。今朝方このミニカーの紫を予約注文してしまいました...。

はっきり言ってこの写真、反則(販促?)でしょ(笑)。

わかります(爆)

19BOX様、そうなんですよ。
(ノ-_-)ノ~┻━┻
ウチの兄弟ブログ、
「反則プレイなんです(爆)」
(販促)
私もこれ欲しくなりまして、
今日店頭に見に行ったんですよ(爆)。
(°∀°)ノシ
結果、両方買わされそうになりましたからね(爆)。
素晴らしい写真、相変わらず、ナンバーワンの写真たちです。
^_^)/▼☆▼\(^_^)

No title

こんばんわ。
モーターショーから、早速のモデル化ですか!
ゲームが発端で実車が作られるって、とんでもなく凄いことですね^^;

No title

19BOXさん 返信遅くなりもうしわけありません。。

私の写真で経済が回るならば、いくらでも反則な写真をお撮りしましょう!!笑
そうなんですよね、夢のようなクルマだからこそ、ミニカーとして手元に置いておきたいという心理ありますよね。ちなみにこれのパープル、良さそうです。私もパープル買おうかな?
このビジョンシリーズ、ぜひもっとモデル化してもらいたいですねぇ。

No title

hikaruさん 返信遅くなってしまいもうしわけありません。。

(販促)

えぇ、私の写真で経済が潤うのならば…(以下略)

ぜひこのモデル、PFで見たいものですなぁ笑

No title

カバネさん 返信遅くなり申し訳ありません。。

そうですよね、世界大会からリアルレーシングドライバーが誕生するとか、このマシンみたいに実際にクルマが作られるとか、、すごいことですよね。面白い試みだと思います!

お久しぶりです。以前hirokiさんからブログにコメントをいただいていたまつひこと申します。
久しぶりに覗いてみたら、素晴らしい写真!!感動しました。1/64とは思えない迫力と精度感は、ミニカーのクオリティもさることながら写真の上手さで際立っていると思います。私も再びブログを再開したので、こんな写真を載せられるように頑張ります〜^ ^!

まつひこさん、お久しぶりです!

いやぁ、復帰されていたとは!しかもイタ車の見たことないミニカーがすでにたくさん…素晴らしいですね!
そしてそして、ステキなイタ車ライフを満喫されているようで。羨ましい限りです。
これからまた宜しくお願いします(^O^)
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。