スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CALSONIC SKYLINE 2003 #12

ご訪問ありがとうございます。


CALSONIC SKYLINE 2003


おまたせしました!というわけで、今回はこちら。

エブロ 2003年仕様 カルソニックスカイライン。


CALSONIC SKYLINE 2003

CALSONIC SKYLINE 2003


いやぁ、まさかこのモデルが手に入るとは思わなんだ。

この車高の低さからお分かりの方も多いかもしれませんが、これはP4から再版されたモデルではありません。いわゆるエブロの初販版、何年か前までレアだったあれです。


CALSONIC SKYLINE 2003

CALSONIC SKYLINE 2003


そして、買ってから気が付いたんですがおそらくこれは当時発売された中でも「ラスト台座」と言われるヤツ。当時、3000個?くらいがモデル化され発売されたのですが、実車のかっこよさや人気と相まってあっという間に売り切れ。

で、翌年さらに追加で1200個が販売されたそうなんです。これはその追加販売されたものっぽい。というのも、台座のネームに「Last skyline 1200pcs」という記載があるモデルだったのですよ。

P4から再版された今となっては、モデルの価値としてはかなり落ちていると思うのですが、私にとってはP4よりもこのモデルを手にするということがとっても意味のあることだったのです。


CALSONIC SKYLINE 2003


CALSONIC SKYLINE 2003


2003年、この年でGTに参戦する「スカイライン」としては最後のマシンとなったわけですが、前年までとはガラッとその風貌を変えてきましたね~。

前年より直6の名機RB26からVQ型と呼ばれるV6エンジンにスイッチしていましたが、2003年はボディ側もそのモディファイを推し進め、パイプフレームで構築されたフロントセクションを持つまったく別物とも言っていいモデルに代わってきました。

フェンダーよりも低いフロントフードが特徴的な外観は、もはや市販車の面影なんて皆無。現代版シルエットフォーミュラのようなマシンですが、これがまたかなりかっこいいですよねぇ。


CALSONIC SKYLINE 2003


CALSONIC SKYLINE 2003


この年はワークスのザナヴィがチャンピオンに輝いた、スカイラインGT-Rとして最後の栄光を残した年。というわけで脚光を浴びるのはやはりザナヴィなわけですが、このカルソニックはGT-Rラストランにて優勝を飾ったまさに最後の勝利を得たスカイラインということになります。
この年はGT-Rが勝つべくして勝った、そう言っても過言ではないシーズンだったわけですね。


CALSONIC SKYLINE 2003


CALSONIC SKYLINE 2003


モデルはさすがに12年前、細部の出来はやや劣りますがそれでも十分通じる出来。

当時は技術的に難しかったのか、はたまたコストの問題だったのか、フロントにあるはずのカナード、もしくはスプリッタ―というのかな、エアロパーツが再現されていないのですが、それを差し引いても出来は十分いいと思います。

当然ながらエッチングパーツなどは使われておらずキャッチピンなどは印刷なんですが、再版版のP4のモデルでは残念な再現だった足回りは薄いタイヤがセットされたこっちの場合、べたべたに低い車高で03GT-Rの薄さが際立っています。これだけで旧バージョンを購入する意味がある!そう勝手に思っています笑

塗装も、発色こそP4のほうがいいみたいなんですが塗膜の薄さはこちらのほうが上っぽい。おかげで、P4版よりもシャープに見えます。塗装自体もさすがにエブロ、これまた荒れなどは見受けられずきれいに保管されていたようです。値崩れしているとはいえ、入手価格でこれだけいいものが手に入るとは思いませんでした…

カラースキームもこのカルソニックは抜群にいいんですよね。ブルー一色のボディカラーにホワイトのロゴがシンプルに点在し、それに合わせてホイールもホワイトに。ウインドウのハチマキはブルーと相性のいいイエローでアクセントになっていて、非常にまとまりのあるカラーリング。最高です。


いやぁ、もう興奮して嬉しさが止まりません!これは2015年末になって、私的ナンバーワンモデルに認定かも。それでは!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど!

これ初期版なんですね、素晴らしい(笑)。
^_^)/▼☆▼\(^_^)
なるほどなるほど、P4のモデルと雰囲気、確かに違いますね。
(°∀°)ノシ
そしてまたカッコいいこと、これは素晴らしい。
あの年もニスモだったんですよね、そう言えば。
星野さんのカルソニック、何とかチャンピオンを獲らせてあげたいですねぇ。
(T0T)ノシ
しかしモデルは美しい、hirokiさんの撮影で美しさが甦りましたね(笑)。

No title

長年探していたミニカーが手に入ったのですね。おめでとうござます!
私が前回のブログで取り上げたミニチャンのスピード8もそうですが、こういう時ってなんか肩の荷が下りた。そんな気がしますよね。
そしてまた新たに入手難のミニカーが出てくる。お互いミニカーコレクションの無限地獄は続きますね(笑)。

No title

hikaruさん コメントありがとうございます。

えぇ、そうなんですよ。まさかの収穫でしょ?
P4のやつは、ほんとにタイヤが残念なんですよ。このマシンらしい薄さを強調するのは、やはりこの初販版をおいてほかにないんです。

そうですね、日本一速い男の泣く姿ぜひ見たいです。
優勝はあっても、チャンピオンはなかなか…でも応援します!

No title

19BOXさん コメントありがとうございます。

ありがとうございます!!そうなんですよ、探し求めていたうちの一台がようやく手に入りました!
思い始めてからはおそらく7年は経っていると思います。長かった…

19BOXさんのベントレーも一時期すっごい欲しかったです。かっこいいですよねぇ、あれ。
そう、まさに肩の荷が下りた感じ。その時って、もう集めるミニカーないなって思うんですけどやっぱり出てくるんですよね、欲しいやつが。
まさにミニカー地獄ですね笑

No title

うーん、実車よりカッコよく見えてしまう・・・hirokiマジックか?w

探していたモノが見つかった時の感動、うんうん!わかります!
限定品ならなおさらですよね。

そして今日もお宝を探す、コレクションの無限地獄www

No title

ダダンジさん コメントありがとうございます。

え、ほんとですか!ありがとうございます!実車よりカッコイイだなんて、うれしいですね笑
やはり、探していたものが手に入った時の喜びはコレクターならばみなさん同じですねぇ。
探していた期間が長ければ長いほど、その喜びも比例してグッと大きくなるんですよね。

そう…まさに無限地獄www
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。