スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEXUS RC F

ご訪問ありがとうございます。


先日JUSTIN BEIBER のニューアルバム「PURPOSE」を購入しました。シングル曲の「What do you mean」とか「Sorry」とか、歌詞を見てみると元恋人セレーナ・ゴメスに対するジャスティンの未練たらたらっぷりが見え見えなんですが、曲はやっぱりキャッチ―ではまっちゃいます。



LEXUS RC F



LEXUS RC F


では予告通りこちら行きましょう!

やっぱりこの並びじゃなきゃだめだろうということで、GTマシンとツーショットから始めます。

京商製 1/43 レクサス RC F。


RCは、ISのクーペバージョンとして位置づけられているモデルだそうで。

BMWの3シリーズクーペとかメルセデスCクラスクーペ、あとは日産スカイラインクーペとかもそうですが、ベースとなるセダンとは基本的にボディ外板が大きく異なりよりワイドに、よりマッチョにデザインされていますよねこの手のクーペ。


LEXUS RC F



LEXUS RC F



レクサスのアイコンとなってすっかり定着したこのおっきなお口「スピンドルグリル」も、ここまでくるとうまくデザインに溶け込ませた造形をしておりなかなかいいのではないかなと思います。

個人的にはこのグリルよりも、ISがモデルチェンジしたときにできた目の下のクマみたいなL字型のサブライトがいまいち気に入らないんですよね…たしかに個性的ではあるんですけど、メインのライトと分割したことでやっぱりクマにしか見えないんです。見ようによっては、ライトの輪郭がつながっているので一体感があるようにも見えるのですけど。



LEXUS RC F



LEXUS RC F



レクサスの中でFの称号を得るモデルは、AMGとかMモデルとかその方面のモデルと同じような感じ(なのかな?)

ベースモデルに比してより速いことをアピールした、ハイエンドモデルということになります。

このRC Fの場合、V8 5リッターNAエンジンを搭載し8速ATが組み合わされたスペック的にはスーパースポーツに匹敵するレベルの性能を誇ります。477馬力の大パワーを後輪で受け止めるのは、さぞアグレッシブな運転フィールなのでしょうな。

ちなみに、アメリカのドリフト選手権「Fomula D」で活躍する日本人、具志健士郎選手がRC Fを豪快に振り回す動画がyoutubeに上がっておりまして、その中ではRC Fを思いっきりバーンアウトさせて、めちゃくちゃ振り回しまくってます。すっごくカッコイイです(^^)



LEXUS RC F



LEXUS RC F



モデルとなったのは、RC Fのエンジンフード、ルーフ、リヤスポイラーなどにカーボンを用いて軽量化を図った「カーボンエクステリアパッケージ」を装着したもの。

基本的にラグジャリーなスポーツカーであるRC Fにこの無塗装カーボンはインパクトありますね。カーボンパーツ使ってても塗装して覆い隠しちゃうことも多いので、一気にスパルタンさがむき出しになります。



LEXUS RC F



LEXUS RC F



京商製のこのモデルカーは、もともとレクサス特注品として作られたモデルのようです。それを一般販売向けに転用する際、三食展開のバリエーションでさらにこのブルーの場合はディーラー品と違い前述のカーボンパッケージとされました。

特注品として企画されただけあり、そのプロポーションは良好。京商はスリークなデフォルメが多いですが、このRC Fの場合は実車のセクシーなボディラインをいい感じにスケールダウンさせていていい感じですよ。


また、ボディカラーのブルーは「コントラストレイヤリング」という新技術を採用した、ヒートブルーコントラストレイヤリングと呼ばれるカラー。

通常の下地→メタリックベース→カラー→クリアコートという大まかな塗装の流れに加え、下地からカラーに至る間にメタリックベースの上にもクリアコートを行っているそうで、これにより発色はさらに鮮やかに、そして陰影はくっきりと浮かび上がるとのこと。

この特殊な塗装により美しく発色する実車のブルーを、モデルカーでも美しく再現しています。京商の普及価格帯モデルですが、塗装面は平滑でメタリックもきらきらと鮮やかに反射します。


LEXUS RC F



LEXUS RC F



LEXUS RC F


一番の特徴であるカーボン部分は、カーボン柄がプリントされクリアコートされていることもありこれまたなかなかの再現度。

メッキの反射具合がやや安っぽい感はありますが、全体的なフィニッシュはいい感じです。ヘッドライト内部の特徴的な構造も、インナーパーツが細かくモールドされておりエブロのGT仕様とはまた違った精密なアプローチで再現しています。

以前Jコレクションから発売されていたLFAと並べてみるのもオツなものかもしれませんね(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これはまた・・

ズルいですよ、hirokiさん!。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
この並べてみたはオソロシイ破壊力。
誰もが欲しくなってしまうでしょ!(泣)。
ウチもNSXでやったけど(笑)。
(ノ-_-)ノ~┻━┻
美しい写真、やはりhirokiさんは白ですね。
カタログを超えた1枚に感動です。
(゜o゜)\(-_-)
これ、オレンジかなと思っていましたが、流石です。
まさにブレない青ラバー、
hirokiさんらしいチョイスに私は・・オレンジ買わされるの?(爆)。

No title

うん、hikaruさんがおっしゃる様にこの並べてみた。はズルい!

市販車とレーシングカーの並べてみた。は
カッコよくなるってコミットしてますやんw

っていうか、前回のCIVICといい、青いクルマが気になる今日この頃・・・

hikaruさん コメントありがとうございます!
うん、これはやはり並べないわけにはいかないでしょう笑
市販車の面影結構あると思ってましたが、やはり印象は全く変わりますね。

そう、私はブレませんよ笑
でも、オレンジもめちゃめちゃ欲しいんですよ。イメージカラー大好きです笑
hikaruさんとこの写真で、オレンジを見てみたいなぁ…

ダダンジさん コメントありがとうございます!

レースカー、こういったベースとなる車がある場合には並べないわけには行きますまい笑

青いクルマ、是非紹介お待ちしております!

No title

こんばんわ。

ベースとレースの並び、大好きです^^
これができるので、市販車ベースのレースはいいですね

ミニカーもかなりいい感じの塗装のようで!
うぅぅ・・・欲しくなってきたじゃないですか^^;

カバネさん コメントありがとうございます!
今のGTマシンなんかはまたロードカーと形が近くなって、並べるのがいい感じですよね。
ぜひぜひ、購入してください!最近のモデルとしては相変わらずリーズナブルですし(^O^)

No title

明るいバックも素敵ですね。
ボディへの映り込みが美しいです。

仰る通り、最初は奇異に見えたスピンドルグリルもだんだんこなれて来たのか、目が慣れたのかだんだんサマになって来たような気がします。BMWやMBのようにアイデンティティとして定着するか興味津々です。

No title

Ponys41さん コメントありがとうございます。

結構つやつやで、白バックだと映り込みがかなり強くなりますね。

デザインへの溶け込ませ方がこなれてきた感じですよね!
この方向性を極めていけば、それなりにアイデンティティ確立できると思いますしアレンジの幅も広そうなデザインだと思うんですよね。注目です。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。