スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUNOS PRESSO Fi-X

ご訪問ありがとうございます。


CIMG3513.jpg


今回ご紹介するのは、1/43 ユーノス プレッソ。知ってるかな?笑

CIMG3514.jpg



マツダが大失敗したといわれる販売店舗5チャンネル化、その中で生まれたブランドがユーノスでした。当時からトヨタ、日産は販売店舗として数種の系列店舗を持っておりそれに倣ってマツダも系列店舗を5種持とうとしていたそうです。が、販売力、メーカー力が大手2社と全く違うマツダ、この計画はかなりの短期間で失敗に終わってしまい負債が相当残ってしまいます。

現在「スカイアクティブ」をキーワードに快進撃を続けるマツダですが、90年代は混迷の経営危機を迎えていたのですね。



CIMG3517.jpg



CIMG3519.jpg



「ユーノス」は、当時の各ブランドの中でもプレミアム系として位置づけられていたそうで、世界に名だたる名車中の名車、「ロードスター」を生み出したブランドとして有名だと思います。

他にも様々な個性的なクルマが発売されていましたが、このプレッソは小型クーペとしてデビュー。荒川健チーフデザイナーの指揮のもとまとめられたというデザインは、丸みを帯びた先進的なもの。個人的には、全体のスタイルとかがトヨタのセラと被るんですよね。
こうしたおしゃれな小型クーペが普通に多くのメーカーから販売されていたなんて、いい時代です。


CIMG3521.jpg



CIMG3520.jpg



ちなみにユーノスではプレッソのほかにもユーノス500というクルマが販売されていましたが、このクルマのデザインをかのジョルジェット・ジウジャーロが絶賛していたとのこと。

たしかに、これが今見ても美しいセダンなんですよ。プレッソとも通じる丸みを生かした豊かなボディラインがセクシーで、こうしたデザイン追求への挑戦が今のマツダの「魂動」デザインの根底にあるのではないか?と思います。

マツダのクルマって、歴代見ても結構デザインにこだわってるクルマがずーっとあるんですよね。ルーチェ・ロータリークーペとかコスモスポーツ、RX-7とかユーノス各車種などなど…じつはすごく美への意識が高いメーカーな気がします。


CIMG3522.jpg



CIMG3523.jpg


今回のモデルは、SAPIモデルから発売されていた1/43。プレッソとしては準上級グレードのFi-Xがモデル化されています。考証違いはいろいろあるようですが、そもそもこのクルマをモデルカーにするなんてもうないでしょうから、特に実車オーナーさんにとってはうれしいでしょうね。

出来はさすがに古いのでおおざっぱな感じ。シャシー裏なんて、マフラーのタイコ部分から後ろしか再現されておらずまるでレジンモデルのようにつるんつるんだったりします笑
しかし肝心のボディスタイルはよく再現できていると思います。映り込みが表情豊かで素敵ですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しい(☆∀☆)

流石です、マツダデザイン。
そしてこの写真たち、
相変わらずhirokiさんちは圧巻のクオリティですね。
^_^)/▼☆▼\(^_^)
ユーノスと言えば私の中ではやはりロードスターですが、
こうして見ると確かにどのモデルもデザインには本当に拘っているものを感じます。
o(^-^o)(o^-^)o

No title

hikaruさん なんというタイミング!笑

最近、この光を白く反射させる撮り方にはまりまして、いかにボディラインを美しく、また塗装の艶を美しく切り撮れるかに重点を置いて撮ってます。こんな感じの複雑な面構成を持つモデルは、反射がうるさくなりすぎてなかなか難しいですね…!

そうなんですよね。ロードスターは初代エランにインスパイアされたとか言われていますが、日本の「ロードスター」として世界に認知させたそのデザインの手腕は素晴らしいと思います。
まぁこのころは、マツダに限らず多くのメーカーがふんだんにコストをかけて超イケてるクルマを発売しまくってた時期ですよね!いい時代だったと思います。

No title

おはようございます。

私も前からマツダのデザインは素晴らしいと思っていました。当時GC型カペラの5Drハッチバックを見た時、セダンともハッチバックとも言えないスタイルに「なんだかなぁ」と感じましたが今になって見ると非情にヨーロピアンテイスト溢れるデザインだと思います。あのスタイルはアテンザまで継承されていますね。

この車も当時は眼中にない車でしたが、今見ると何となくアルファのTZっぽく見えて素敵です。

No title

19BOXさん こんばんは!

GCカペラもなかなか優れたデザインだと思います。子供のころからなぜか惹かれるデザインのクルマでした。5ドアハッチバックスタイルって、日本じゃなかなか流行りませんでしたが結構いいんですよね~。アテンザでも引き継がれた点を考えると、継続の力をマツダはよくわかっているようです。

リヤをスパッと切り落とし、かつCR-Xなどとはまた違った分厚く丸みのあるボディは確かにTZっぽいかも!なるほど、そういった見方もありますねぇ。そうやって見るとさらにこのミニカーにも愛着が湧いてきます!
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。