スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編~ちょっと笑っちゃいました~

ご訪問ありがとうございます。


さて、私が住む地にはサークルKサンクスは出店していないのですが、同じ県内で少し離れたところには出店してあるんです。

でね?今日はその地域に行く予定があって、京商コンビニシリーズ何か売ってないかなーって思ってふらっと立ち寄ってみたんです。

そしたら、6月ぐらいかな?に発売になってたポルシェコレクション6がいくつか置いてあったんです。

で、運試しと思って1個選んで買ってみたら…


ダウアー962

はい、出ましたーCカー(笑)

いやぁ、もうね。最近妙にCカーづいてると思ったらこれですよ(笑)

こういうのって、自然に吸い寄せられてくるものなんですかね。

というわけで、せっかく来てくれたこの小さなCカーを軽く紹介。

ダウアー962



ダウアー962



ダウアー962


まぁ、Cカーと言ってもこれはロードカーに当たるわけなんですけども。

かのポルシェ962Cをベースに、元レーサーヨッヘン・ダウアーが設立したダウアーレーシング(wikiによればダウアー・シュポルトワーゲン)により制作された「ロードカー」がこのダウアー962C。962GTともいわれているようですね。

この時代のスポーツカーレースでは、新設されたGTクラスに優位なレギュレーションになっていたそうで。

そして、その規定にある「1台でも公道走れるクルマ作っちまえばそれをもとにしたレースカーはGTクラスになるよ」っていう部分を逆手に、実績ある962を公道走れるように転用して、さらにそれをレーシングカーへ。

そのクルマで有利なGTクラスでエントリーして、非難を浴びながらも優勝をかっさらっちゃったってのがこの962GTのお話の顛末らしいですな。

やり方としては、後年のトヨタTS020に似てる気がします。ちょっと違うのかな?

でもまぁ、GTにあってGTでないこんなクルマが予想通り優勝しちゃったってことで、かなり物議をかもしてしまったみたいですなぁ。当然と言えば当然のことですけども。

しかし、こういうクルマが出てくるからレースは面白いんですよね。それで勝っちゃうんだからなおさら。

今のレース界ではそういう「やったもん勝ち!」みたいな面白い事できなくなってますもんね。最近でいえば日産のGT-R LMが優勝まではいかずとも3位表彰台とかしてしまったら相当面白いことになってたと思います。規定がしっかりしている以上、人と違うことやってもそう上手くはいかんということですかね。

でも、こういうチャレンジスピリットとか、面白い発想はこれからのレース界でも見てみたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。