スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディRS6

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

前回の更新からはや一週間…またも間隔が空いてしまいました。申し訳ありません(T_T)


さて、新鮮なネタがないので今回もちょい古の一台を。



audi RS6


アウディは、こんな紳士のための高級セダンにまで「RS」を設定しちゃってます。
アウディRS6 2008。
アウディのラインナップの中で現在最上級に立つのはA8ですが、70年代はA6のルーツとなる100シリーズがラインナップの頂点にありました。
その100シリーズから数えれば6代目、100シリーズのマイナーチェンジ版をA6と名称変更してからは3代目にあたるC6型は、日本人デザイナー・和田 智氏がデザインを担当したことでも話題になりました。




audi RS6




audi RS6



A6に、スーパーなモデル「RS」シリーズが加わったのは、2002年のこと。初代でもかなり過激なスペックでしたが、2007年登場の二代目RS6はさらに迫力を増します。

もともと大柄なA6がベースなので、初代ですら1.8トン超だった車重はさらに重くなり2トンをオーバーするまでに至りました。
エンジンは5リッターV10ツインターボ、タイヤサイズは275/35R20という恐ろしいもの。
それでも、巨大なホイールや左右2本出しの大きなマフラー以外は、控え目なエアロの装着にとどまる外観はあまりにおとなしすぎる雰囲気です。



現在、RS6の生産は行われてませんが、先ごろ新型A6がドイツ本国でデビューしたのでいずれ上位モデルのS6に引き続き、RS6も追加されることでしょう。




audi RS6




audi RS6



ミニカーはPMA製。
以前シュコーのRS5をご紹介しましたが、並べても遜色ない作りです。
価格が3割ぐらい高いシュコーのモデルは室内のルーフ部分まで内張りが再現されていたりして作りこみに余念がありませんが、その価格を考えればPMAもイイ仕事してます♪

残念なのはナンバープレートが省略されていること。このころから、コストの問題かPMAの新製品はナンバープレートのデカールを省略しているものが多くなってます。なんかちょっと物足りない感があるんですよねぇ。


ちなみにディーラー特注のグレーメタリックのモデルは、ホイールもガンメタで仕上げられていてまたちょっと違った印象に仕上がっています。そちらもおすすめですよ(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。