スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAZDA DEMIO

ご訪問ありがとうございます。


demio


いやぁ、少し更新あいちゃいました。ツイッターではちょこちょこつぶやいているんですが、ブログとなるとやっぱり写真もじっくり撮って編集までして…ってなるので、お手軽にできるかというとそうでもないんですよね。という言い訳(笑)

というわけで、前回のCX-3からの流れでこちらをご紹介。CX-3のベースとなる、マツダの小さな大黒柱デミオ。


demio



demio



このクラスのいわゆるBセグメントといわれるコンパクトカークラスは、日本では軽自動車に続き激戦区。オールマイティなトヨタヴィッツ、車内空間のパッケージングを極限まで突き詰めたホンダフィット、ヨーロピアンな乗り味ときびきびとしたスポーティさを身上としたスズキスイフトなど、各メーカーさまざまな特色を打ち出したクルマで勝負します。

そんな中、そのデザインとコンパクトディーゼルエンジンを最大の特徴として、DJ型デミオが発売されました。

アテンザ、アクセラと続く魂動デザイン・コンセプト、そしてクリーンディーゼルを含むスカイアクティブ技術をコンパクトな車体に組み込んだマツダ渾身の一作です。


demio



demio



一般的に、車体寸法が制限されるこのクラスでは車内空間を広げるためフロントフードは短く、キャブフォワードと呼ばれる形状をとることが多いわけですが、デミオの場合は完全にデザインコンシャス。フロントフードの後端が前輪の真ん中あたりにある他車と違い、デミオの場合はフード後端(Aピラー立ち上がり)が前輪より後ろにあります。さらにルーフも低めであり、視覚的にもロングノーズを演出しています。

フェンダーラインがボディサイド真ん中あたりで交わるのは、一連の魂動デザインの特徴ですが、コンパクトなデミオの場合さらにギュッと凝縮された「動物らしさ」が際立っていると思います。

demio



demio


モデルはCX-3と同じくハイストーリー製。

CX-3のほうが実車同様後発モデルとなり、こちらのデミオはヘッドライトの再現など細部がやや粗い気もしますが、全体的にハイクオリティな出来!
モチーフになったのはトップモデルであるディーゼルを積んだXDツーリング Lパッケージ。Lパッケージはガソリンモデルにも設定されているんですが、内装がホワイトレザーになるのが最大の変更点。ただ、写真のダイナミックブルーマイカにはちょっと似合わないかな(^^;;)



ここからは実車の話。
実はこのデミオ、今購入を検討しているんですよ。色はこのダイナミックブルーマイカで、グレードは1.3ガソリンエンジンの13S。ディーゼルにもちろん興味はあるんですが、予算的にちょっと厳しいです。

トランスミッションがほぼ全グレードにAT/MTの設定があるのも特徴の一つですが、私はやはりMTで操ってみたいので5速MTを。
オプションとして、DVD/テレビ、マツダスピード製のフロント、サイドスポイラーを装着して見積もりを出していただきました。

で、まぁできれば今年中にはほしいなぁとか思ってたんですが、現実的に購入を考えられるとしたら来年春あたりかなぁと。もし購入するとなれば、待望の初愛車!となるので、またこちらでも紹介していければと思いますが、それはまたその機会に。では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおぅ、MAZDA連投ですなw

昨今のクルマで一番魅力的なクルマ造りをしているのがMAZDAだと思います。
ムリしてハイブリッドや電気に走らず、
クリーンディーゼルを選んだのは賢明な選択でしょう。

っていうか・・・我が広島カープのヘルメットの色は
MAZDA車の赤と同じってご存知でしょうか?w

そんなこんなでMAZDA贔屓なダダンジですw

ダダンジさん コメントありがとうございます。

あくまでも車らしく、内燃機関その付属品を極限まで磨き込んでいく姿勢は、一つのスタンスとして素晴らしいですよね!

ヘルメット、もちろん知ってますよ〜!
あの綺麗な赤が使われるヘルメット…いいですなぁ。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。