スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTA PRIUS(ZVW30) late ver.

ご訪問ありがとうございます。


prius


いやぁ、なんだか前回の記事でハードル上げられちゃってるようですが、これでも結構頑張って試行錯誤して撮ってみました。Dさん、どうかこれでご勘弁を…(笑)


というわけで、今回は予定通りエブロから発売されたプリウス。3代目ZVW30型 後期モデルです。



prius


prius


ていうか、これホントは粒子の細かいメタリックレッドなんですが全然メタリック感が出せてない時点で写真としてはダメダメですね…(写真も小さい?)

モデル実物の塗装はかなりなめらかで、ヌメッとした感じがなんだかちょっと絵具みたいでもあるんですが美しさは充分な質感だと思います。

prius


prius


実車は2009年にフルモデルチェンジされた、トヨタのドル箱「プリウス」の3代目です。

プリウスといえば、それこそ街中ではもう嫌というほど目にする車ですな。今日なんて、とあるスーパーの駐車場に見渡せる範囲だけでも3台の30プリウスが止まってましたし、派生車種のアクアやプリウスαなどを含めるともう2,3台はいたんじゃないかなと。プリウスが1台いたら40台はいると思え、なんつって。


prius


prius


ですがまぁ、プリウスのイメージはそりゃーひどいもんですね。プリウスミサイルだとか今日のプリウスとかって、ツイッターでは「怖い車」の代表格。あ、怖いってのはズバリ事故しそうって意味で。

こんな現状ですが、私は声を大にして言いたい!!プリウスが悪いのではない、事故を起こしたり変な運転をするドライバーに問題があるのだと!

もっと言えば、絶対数の多いプリウスが事故を起こしている確率は、そりゃあかなりの割合を占めるのが普通ですよね。でも、プリウス以外にの車でも事故している車は多いわけで…決して、プリウス自体が馬鹿にされ、恐れられる事態になってはいけないと思うのです。

…おっと、熱くなりすぎました(笑)
まぁ、なんですか。つまりプリウス自体は、馬鹿にされるような車でもなければ軽視されていいような車ではないと思うのです。


prius


prius


実際にバッテリーを作る過程で出る温室効果ガスなどを勘案すると決してエコではない、とか言われているプリウス含むハイブリッドカーですが、それでもこれまでの内燃機関オンリーの市販自動車のブレイクスルーとなったという点は評価されてもいいと思いますし、間違いなく歴史に名を残す車だと思うわけですよ。

しかし、それに乗るドライバーが悪ければどんなにすごい車でも凶器になってしまいます。運転手としての常識、ドライバーモラルは改めて一人一人が考えるべきだと思いますね。


prius


prius


なんか結局堅苦しい感じになってしまいました(笑)

さて、モデルについてはこれがかなりいい!エブロの標準的な作風として、実車よりさらにマッシブにデフォルメされるのが普通でした。しかしこのモデルは、エブロとしてはデフォルメも控えめに、実車の雰囲気をそのまま再現しているようなイメージです。
むしろ、実車に比べるとワイドさがちょっと足りないかな?という感じもします。

エンブレム類にエッチングパーツを使用しているのは最近のモデルカーの定番手法。hikaruさんがおっしゃっていますが、最近のエブロはウインドウ類のクリア感がとってもよくなりました。

バリエーションとしてガラスルーフ仕様もあるんですが、写真はハードルーフ。クリアパーツと差し替えができるよう、ハードルーフ使用でもボディ色のプラパーツがはめ込まれています。しかし色味はばっちり合ってます!

いままで30プリウスのモデルとしては、Jコレクションとミニチャンプス製がありました。どちらも前期型ですが、前者は形が似ていないし後者は海外仕様なので、精密モデルの決定版ってなかったんですよね。その点、エブロ製は後期型ながら30プリウスの決定版と言って差し支えないでしょう。


この手の「普通の現行車」って、精密モデルではなかなかないんですよね。以前、現行型キャラバンもエブロからモデル化されましたが、ロードカー好きな私としてはこういったモデルは大変うれしいです(^^)
エブロからは現行型フィットもモデル化されており、そちらも出来がよさそうだったので余裕ができればほしいですなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい!、そして美しい。
^_^)/▼☆▼\(^_^)
おはようございます、お邪魔します。
やはりこの写真たちを見るだけで私より数段上であることがわかります。
カタログのように美しいです。
o(^-^o)(o^-^)o
熱くなりましたね(笑)、わかります。
どんなに良い車でも、それをまださらに120点まで引き上げられるのがドライバーであり、そのドライバーのせいで時に0点にもなる。
個々のドライバースキルもそうですし、マナーの良い譲り合いの運転を心がけたいですね。
(°∀°)ノシ

No title

hikaruさん ありがとうございます!

私が目指すところは、まさにカタログ。見やすく、かつ美しくモデルを撮影できればそれでもう満足です(笑)

結局クルマって、扱う人次第ですよね。普段から周囲に気を遣える人は、運転でもそういう心構えだと思うのです。もちろん、私自身が完璧かと問われればそうとは言えないこともあるのですが…
とにかく、個々が自らを高め、さらにそれをドライバー同士で高めあえれば、もっと気持ちの良いカーライフを送れると感じます。

No title

上げたハードルの上いっちゃってますw

うーん、やはり市販車のほうがキレイに撮るの難しそうですね。
レーシングカーならごまかせるのでしょうけど・・・

No title

ダダンジさん コメントありがとうございます。

無事越えることができて、ほっとしておりますww

やはりレーシングカーのようにカラフルだと、写真映えしますねぇ。
単色かつ見慣れたロードカーだと、ぱっと見で派手さとか目を引く要素がないので写真は難しいですね…
ですが私はロードカー大好きなので、これからも難しい車たちとにらめっこしながらきれいな写真目指して撮っていきます!
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。