スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAZDA RX-7 FD3S RE AMEMIYA SPECIFICTION

ご訪問ありがとうございます。


さて、前回のGT-Rが来たら、次はやっぱりこれなんです。


RX-7 tomica premium


GT-Rと同じくトミカプレミアムシリーズより、RX-7 FD3S RE雨宮仕様

RX-7 tomica premium


RX-7 tomica premium


FD、実に美しいデザインですよね。これを90年代前半に生み出したマツダのデザインの底力は計りしれません。

エクステリアを見て行くと、直線が全くと言っていいほど存在していません。まさに流線型。ルーフもうねってます。こんな美しい芸術品みたいなクルマが日本から生まれたとは、ホントに誇り高い!


RX-7 tomica premium


RX-7 tomica premium


このミニカーはRE雨宮仕様としてモデル化されていますが、具体的にどれっていうのはないんですかね?

RE雨宮といえば、RX-7の神様のような存在の「雨さん」ことチューナーの雨宮勇美氏が代表を務めるショップですね。エンジンチューニングだけでなく、エクステリアからインテリアまでマツダ車のトータルチューニングを得意としています。

ミニカーとしては、RE雨宮が手掛けたデモカー的な車両っぽいです。近い仕様の画像が、探してみると出てきました。

てかこのエアロ、某峠漫画の黄色いFDと同じエアロですよね(笑

これが発売された時は、「誰か黄色にりペイントして○介仕様を作るんじゃないか」なんて言われてましたし、実際に作った人もいたような。仕様がほぼ同じなので、作り易いでしょうね!


RX-7 tomica premium


RX-7 tomica premium


RX-7 tomica premium


さてさて、このRX-7。GT-Rと同じくトミカプレミアムの第一弾として発売されました。GT-RとFDの二種が飛びぬけて人気が高かったと思います。

こちらも当然ながら新規金型で造形されています。が、FDの美しいプロポーションを十分に再現できているかというと実はあまり…(^^;)
キャビン高が高すぎるようで、流麗なピュアスポーツカー的なプロポーションがちょっと崩れてしまっています。

エアロパーツはしっかりと再現されていますし、塗装もきれいなんですけどねぇ。通常トミカでもFDが出てましたが、やや幅広感はあるもののそちらの方が屋根が低くいい感じにも思えます。

その他、現状プレミアムが抱える欠点としてタイヤがプラ、軸がしょぼいというのはGT-Rと同じ(^^;

ただ、派手なエアロとこれまた派手なスカイブルーのボディカラーのおかげで、かなりミニカー映えするのでお手頃に手に入れるにはお勧めの一台といえるでしょう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。