スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZENTCE RC F 2014 その3

ご訪問ありがとうございます。


ZENT RC F

さて、まだまだ引っ張るRC F。 今回はバックショットとズームをいくつか交えてお送りします。

ZENT RC F


ZENT RC F


写真ではやや俯瞰の画が多いのでわかりづらいですが、実は私が購入したモデルはリヤウイングが傾いておりました…

ポーカーフェイス4のhikaruさんがたびたびおっしゃっているんですが、レーシングマシンにとってリアウイングなどの空力パーツは要。検品は出来る限り行いたいところ。私のZENTは、ダウンフォースがうまく働かないポンコツマシンでしょう…


ZENT RC F



ZENT RC F


そして、左右をズーム・アップ!!

塗装の質がよく、近くで見ても割と破綻なく見ることができます。これはクオリティ高いですね。

右サイドに見えるマフラーの質感最高ですし、ドア下のえぐれた部分も良く再現されています。ドアノブは別パーツ化され、取り付け精度もかなりのもの。ホイールがシャープでいい感じです。

ZENT RC F


ZENT RC F


ZENT RC F


ZENT RC F

今回は特に写真が盛りだくさんとなりましたが、どの角度からどれだけ見ても飽きないモデルですわ、これ。

新作のスーパーGTのモデルカーを購入するのはずいぶんと久しぶりなのですが、一時期ぼろくそに文句を言われていたころのエブロさんの作風とはずいぶんと変わった印象です。
プラの占める割合が多くなり、よりシャープに、繊細に見せている感じ。実車がダイキャスト一体成型では再現困難なほど複雑になっているということもあるのでしょうけど…

個人的にこのモデルで気になったのは、リヤ足回りの取り付けがどうにもガタガタだったこと。シャフト穴が上下にクリアランス大きすぎて、下手に足回り触るとシャフトがずれて4点接地しなくなったりしちゃうんです。なんでこんな設計なんだろ。幸い、フリー状態でがたつきが出るほどゆるくなく、シャフト溝などタイトに作ってあるため、一度位置決めしていしまえば勝手にずれてくることはなさそうですが。

このモデルを見ると、GT-RやNSXも揃えたくなってきますね!ただ、一台あたりの価格がかなりお高くなってしまったので、月に一台ペースが限界です…困った困った。もうちょっと安くならないものですかねぇ。。ただ、満足度は非常に高いモデル。まだまだ長め倒したいと思います!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

修整には、、

hirokiさん、どうもです。
リアウイングの件ですが、ポンコツて(笑)。
(´Д`)
スパークならパキンと外して修整が楽なんですがね、エブロは逆にしっかり付いてるんで、なかなか難しいかも。
もし左右どちらかに傾いているなら、なんでも良いんで傾いている側のボディカウルとの隙間に詰め物を入れてテンションを加えましょう。
私はよくドライバーやペンを差し込みます(笑)。
1日放置すればそれなりに修整されていますよ。結局プラなんで曲げれば良いという強引プレイです(笑)。
逆に前方向へのズレ、左右均等になっていないパターンのズレ等、この場合は、
「ステーごと一度外すしか」
勇気とコツがいりますのであまりおすすめしませんがウチのは結構やっちゃっています(笑)。そしてスパークは楽なのになぁと、逆の意味で感心させられたり。
(ノ-_-)ノ~┻━┻

No title

hikaruさん どもです!

いやぁ、しくじりました…ほんとポンコツウイングですよ笑

たしかにプラなら強引に曲げて修正が一番早いですよね。なるほど、詰め物で固定ですか。やってみようかしら。

この手の修正って、もうホント破損と紙一重ですよね笑
でも、手を加える覚悟をしたからには完成させるのが使命ですし、高いお金払って買ったんだから何が何でもきれいに仕上げて飾りたい!

スパークは良くも悪くも繊細な組み付け、メリットはその辺りにありましたか笑
しかし美しく修正されたマシンたち、hikaruさんの写真で生き生きとその姿を魅せ付けてます。素晴らしいです!
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。