スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lamborghini Murcielago LP670-4 SV

どうもー。

さて、年も明けて早4週間弱。

受験生の皆さんはセンター試験を終えて、今は各大学二次試験に向けて最後の追い込みをかけているところでしょうか。

かく言う私も、実は受験生でして…
来月、ほぼ一カ月後ですね。某国家試験が実施されます。実はそれに合格するために現在勉強中なのです。また、合格した際にはここでもご報告を。てか、合格しないといけないし困るんですがね(笑)

というわけで、息抜きがてら更新。

LP670-4SV

以前にも全く同じ車種を紹介したことがあるんですが、あの時はマテル製の1/43モデルでした。今回は、オートアート製。スケールは同じく1/43です。

以前紹介したマテルのは、あれはあれでとてもカッコよくていいモデルだったんです。

LP670-4SV

しかし、マテルのを購入してしばらく後に、オートアート製のモデルが発売されて「オートアートなら絶対マテルよりカッチリ出来てて好印象なはず!」と、買い直す機会をうかがっていました。

で、ようやくこのモデルを買ったのももう結構前なのですが、やっとここでご紹介となりました。

目論見通り、よりスマートですっきりとしたいい出来のモデルを手に入れられたと思います。やはりオートアート、各部の質感はかなり上々です。

リヤウイングやエンジンフードには、モールドかなぁ?カーボンパターンが再現されているんですが、まるでステッカーのようだったマテル製とは比べ物にならないくらい、雰囲気がgood。

そしてホイールも、クロームメッキのようなキラっとした塗装が施され、ムードを盛り上げます。

全体の造形は、おそらく1/18用のデータをそのままスケールダウンして使っているのだろうと思いますが、オートアート1/18とイメージは同じですね。造形に関して言えば、前下がりで攻撃的なマテルの方が好みではありました。

それと、マテルとのモデルとしての大きな違いがSVロゴ。このマシンの象徴的な部分ですが、マテルはドア前端部に小さめのものが、そしてオートアートではリヤフェンダーにでっかいロゴが描かれていますね。
この辺は完全に好みですかね。

ざっくりとした紹介ですが、これもまたオートアート1/43の中では傑作の部類だと思います。

マフラーが、実車がそうなのかわかりませんがマットなペイントで安っぽい感じになってたり残念なところもありますが、全体としていい雰囲気です。さすがにハンドメイドなレジンモデルには敵いませんが、比較的お手頃なダイキャストモデルなのでぜひ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最速の称号、スーパーヴェローチェ~Murcielago LP670-4 SV

ご訪問ありがとうございます。 さて、それでは今回は予定通りこちらをご紹介。 その姿、まさに最強。 ムルシエラゴ LP670-4SVです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オートアートのムルシSVというとやはり18思い出しますが43でもリリースしてましたね

ここの43もいい感じに纏まっているのが多くて自分も何台か持ってます♪

清四郎さん コメントありがとうございます。

やっぱり、18のイメージが強いですよね。
ひとつには、43の発売ペースがかなりスローってことがありますが…(笑)
でも、地味ながらなかなかいい出来なの結構あるんですよね。
塗装がきれいなのもいいですよね!
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。