スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTA CENTURY

みなさんどうも。

さて、今回の更新はこちら。

photo 611

ある意味縁起が良さそうな、日本車最高峰のクルマです。トヨタ センチュリー。


なんか、ニュースに出てるみたいですが、ついにこのセンチュリーも再来年にフルモデルチェンジ予定みたいです。

こういうクルマって特殊な車両で、用途やその需要も限られていますから、そちら方面に向くように作ればいいという反面、モデルチェンジなどは非常に気を使う作業であるとも思います。

国産唯一5リッターV12エンジンを搭載しており、一体どんな乗り味なのかも一般peopleである私には想像もつきません。
クラウンは乗せて頂いたことがありますが、クラウンを軽く上回るクルマなだけに、このセンチュリーの乗り心地とても気になります…

センチュリーといえば、そらもう問答無用の超おもてなし高級車。
誕生は48年前なんですが、先代に当たる初代はなんと30年も基本設計を変えぬまま販売され続けたという異例の長寿カー。
そして現行型も、誕生からもう間もなく20年が経とうとしています。デザインは先代からそれほど大きく変わっていないので、遠くから見るとぱっと見は同じに見えてしまいそうですな。

photo 608

photo 613

photo 614

photo 618

photo 616

photo 620

photo 624

photo 623

モデルは、エポック社エムテックのエムテックホビーブランドから登場したもの。
これがまた、10年以上前に発売されたミニカーとしてはかなり出来がいいのです。その造形はかなり正確に再現されていますし、メッキパーツや塗装の使い分けが非常にうまく、ホイールなどの小物の出来もハイレベル。
ずーっと欲しかったんですが、エムテックのってほぼ一択なので人気もあって全く手が出なかったんですよ。
でも、ある時オクでこのグレーのモデルが定価の半額ぐらいで出品されているのを見て、即落としました。
ブラックの人気が圧倒的過ぎるからなのかはわかりませんが、特別に不具合もない状態でこの価格は安いと思いました。

あれから数年がたち、現在は京商が同じ仕様でモデル化しております。これも、ブラックの人気は凄まじくあっという間に店頭からもネット通販でも消えてしまったんですが、最近再販したようですね。
私も、いつかは比較用に手に入れたいです、京商のセンチュリー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
(((o(*゚▽゚*)o)))
これまた渋いところをついてきましたね(笑)、
「お・も・て・な・し」
ってやつですか。
落ち着いたカラーリングもたまりませんね、それをとらえる抜群の安定感ある写真。たまりませんね☆。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(@ ̄ρ ̄@)
負けないぞーッ、カモーン、二コーン!!

hikaruさん、コメントありがとうございます。

滝川クリステルにCMしてほしいです、センチュリー。無理か。(笑)
このモデル、出来がいいお陰で写真もきれいにとれました!
黒が良かったんですが、グレーもなかなか雰囲気がいいですよね。
しかもこの色だけ、京商から出てないみたいなのでさらにラッキーでした!

hikaruさんの写真も、楽しみにしています!

こんにちは。

今年もよろしくお願いしまーす。

以前、このクルマ運転した事があります。
狭い道は気を使いますが、
幹線道路ではゆったり走るにはいい感じ。

10万キロ超えたエンジンでしたが、
滑らかにまわってましたね。

何しろ、みんな近寄って来ないので、
多少無理な割り込みも許されそうです。

でも、やっぱり運転を楽しむより、
後ろに乗せてもらうクルマな感じです。

No title

70sとむさん コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

いいですねぇ、運転したことあるとは。前にブログに書かれてましたよね?

たしかに、物理的に大きい分道によっては気を使いそうですが、フェンダーミラーだし角の立ったデザインなので見切りが良さそうかな、とも思いました。

ですがほんと、これは後ろでゆったりくつろぐためのクルマですね。そんな身分になってみたい。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。