スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mazda Atenza

ご訪問ありがとうございます。


1_20131025011631461.jpg


さて、今回は予告なしでこちらをご紹介。トミカ 10月の新製品です。マツダ アテンザ。スケールは1/66。

2_20131025011631894.jpg

3_20131025011631841.jpg

4_2013102501163018c.jpg

さて、昨年から発売されるやいなや大ヒットとなった新型アテンザ。

CX-5に続き、マツダ独自の「スカイアクティブ・テクノロジー」本格搭載第2弾のこの車、注目はやはりディーゼルエンジンと6速マニュアルミッションの搭載でしょう。

5_20131025011630140.jpg

6_2013102501161395d.jpg

Dセグメントに属するこのアテンザ、国内ではマークXやスカイラインなど、海外ではメルセデスCクラスやBMW3シリーズ、アウディA4などがライバルとして挙がります。ただし、マツダとしてはフラッグシップモデルとしての位置づけのため、他車種とはやや立ち位置が異なり、もう少し上級のイメージかもしれません。

日本国内では、このクラスに3ペダルのマニュアルミッションを投入する例はきわめてまれな例です。MT絶滅危惧種となっている現在で、あえて大型セダンにMTとは英断ですね。

試乗記では乗り心地の粗さが指摘されている点は気になりますが、トルクフルな新型ディーゼルエンジンにMTの組み合わせ、乗ってみたいものです。

7_20131025011613123.jpg

8_201310250116139ac.jpg

さて、そんな話題のクルマがトミカでも発売。ひっさびさにトミカを買いましたね~。やっぱり好きなクルマなので。

恒例の初回限定カラーは、実車ではストーミーブルーマイカと呼ばれるダークブルー。通常版はニューアテンザのイメージカラーでもある、ソウルレッドプレミアムメタリック。

初回限定の方が地味な色ですが、それもそうですよね。イメージカラーを売りたいでしょうし。どちらも非常にきれいな色をしています。


ヘッドライトはシルバー単色塗装、テールライトは、初回版は赤で塗られてますが通常版では塗装なし!ここは、目立たなくても塗ってほしかった…かも。

アテンザらしい、「鼓動(kodo)デザイン」と呼ばれる波打つようなボディラインをうまく再現していると思います。

特徴的なグリルの形やエンブレムなど、このあたりも割とコスト掛かってそうですね。

また、定番のドア開閉ギミックおよびサスペンションも付いてます。ほんとに久しぶりの購入でしたが、いいですね、トミカ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。