スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNISIA JECKS SKYLINE GT-R 1993 MINE 2nd

ご訪問ありがとうございます。

さーむい!
ここ最近で、目まぐるしく季節感が変わりました。もうすっかり冬になりつつありますね。
今年の冬はかなり寒くなるとか。私の住む福岡は、今年の冬どうやらひさしぶりに結構雪が積もりそうです(久々かどうかは、地域にもよりますけども)。

周囲の人々、そして当の私も最近風邪気味でございます。季節の変わり目、皆様ご自愛くださいませ。


それでは前回の予告通り、このマシンを行きましょう。久々に新製品ミニカー買いました。


UJ R32 GT-R


hpi製 ユニシアジェックススカイライン。1993年、MINEサーキットで惜しくも2位となった仕様です。

UJ R32 GT-R

UJ R32 GT-R

90年代初頭、日本のツーリングカーレースを席巻。言わずと知れたR32 GT-Rです。その圧倒的強さゆえ、グループAツーリングカーレースを衰退させた張本人とも言われてますね。

1989年にデビューしたロードカーに続いて、翌年90年には二台のR32グループAがサーキットに姿を現します。
鈴木利男/星野一義の駆るカルソニックと、長谷見昌弘/A.オロフソンが乗るリーボック。この二台が、この年のJTC(全日本ツーリングカー選手権)を完全制覇することとなりました。

UJ R32 GT-R

UJ R32 GT-R

R32GT-R登場まで猛威をふるっていた海外勢、特にフォードシエラRSコスワースはなすすべなく倒れ、91、92年もGT-Rの連勝記録は続きます。ライバル不在、まさに横綱相撲となってしまった国内レースにおいて、同じ土俵に立つマシンはことごとく消え、ついにJTCは93年をもって最終年となったのです。

年々、シエラからGT-Rに乗り換えるチームが増え、93年には色鮮やかなGT-R達が7台もグリッドに並ぶこととなります。
ドライバーも、国内を代表する箱レーサーばかり。人気は衰えるどころか、迫力あるGT-Rの走りを一目見ようと最後までたくさんの観客でサーキットは溢れたそうです。

UJ R32 GT-R

レーサーたちの中でも、絶大な人気を誇った星野一義氏と長谷見昌弘氏。当初リーボックカラーで参戦していた長谷見氏は、92年からJECSへとスポンサーを変更、カラーリングも大幅チェンジとなります。ちなみにこのJECS、現在某大手電機メーカー傘下の電子部品製作会社らしいですよ。

リーボックカラーはイギリス国旗がはためいており大変カッコイイですが、対するこちらのカラーリングも、大胆なオレンジとホワイトの塗り分けに大きなブルーとグリーンの「UJ」マークが目立ち、鮮烈な印象を残しますね。

92年はJECS長谷見氏が2年連続チャンプを獲得しており、93年も期待がかかりましたが、すでに各チームとも相当の戦闘力を身に付けていた年。安定して表彰台に上り続けたカルソニックが有終の美を飾ったのです。

UJ R32 GT-R

UJ R32 GT-R

モデルは待望のhpi製、ハセミチーム各車のうちの一台です。
個人的にかなりバタバタした時期で入手が遅れましたが、やはりいいですね。完璧だと思います。

なぜ同時発売の鈴鹿ではなくMINEなのかと言われれば、特に理由は無いんですこれが(笑)気付いた時にはショップにこれしか残ってなかったので…
まぁ、カラーリングが好きなので戦績は問わなかったですし、問題ありません。それに、92周のこのレースでわずか9秒遅れで優勝を逃したマシン、その方が何だか男くさくていい気もします。


さて、hpi製R32最大のウィークポイントだったテールランプ周りは、同ブランドが大々的に宣伝していた通り改修が施されて弱点は皆無となりました。

これだけ弱点のないミニカーもそうそうないですね。文句なしの高品質です。

一つ気になるのは、オレンジ部分の再現なんですけどもここって半ツヤが正解なんでしょうか?オレンジ部分、実車の写真などを見る限りではツヤがあるんですが、ミニカーではマットのようになってます。真相はいかに。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【UNISIA JECKS SKYLINE】

ご訪問ありがとうございます。さーむい!ここ最近で、目まぐるしく季節感が変わりました。もうすっかり冬に

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テールランプ改修済み・・・・という事はリニューアルして過去に出たモデルもそのうち出すのでしょうかね?
カルソニックは1台欲しい所ですね

キタ――(゜∀゜)――!!!

お邪魔します。
毎回この写真たちに魅せられます、本当に凄い綺麗ですね。
オレンジ、確かに艶消しですよね。EBBROのR33ユニシアは艶々でした。
本物はどうなんでしょ(笑)。
(* ̄∇ ̄*)

No title

こんばんは。

R32ってレース仕様車のほとんどがMODEL化されてんじゃ?ってくらい
バリエーション豊富ですよね。  
様々なハコレースで実績もあるし・・・うーん、これは名車の証。

No title

清四郎さんコメントありがとうございます。

カルソニック、まだ単品では90、91年の二つしかバリ展開ないんで、是非92、93年仕様もモデル化してもらいたいですね!
出来れば、93年最終戦仕様を各チーム全てモデル化。そして有名な横並びのショットを再現したいです…!

No title

ヒカルさんコメントありがとうございます。

毎回お褒めのお言葉ありがとうございます!励みになります。

やはり、この部分は気になってしまいますね~。エブロさんの33はテカテカでしたか!
うーん、どちらがただしいか…

No title

ダダンジさんコメントありがとうございます。

たしかに、海外仕様も含めてもうほとんど網羅されてるんじゃないですかね~。
おそらく誰もが文句なしの名車認定してくれるでしょう。
箱車ミニカー持ってるなら、スケール問わなければ大抵の方は一台はあるんじゃないでしょうか。

No title

グループAツーリングカーレース、懐かしいです。
HPIのモデルは良い雰囲気ですね。
当方はAE86レビンが好きだったので、トランピオレビンを応援していました。
何処か1/43でモデル化してくれないかな~。

No title

Ponys41さん コメントありがとうございます。

hpi製R32、完璧すぎる出来ですね。少なくともダイキャストの1/43量産ミニカーとしては。

グループAレース車両、ロードカーも含めてバリ展開すれば結構いける分野だと思うんですけどねぇ。やってくれるとしたら、やっぱりエブロさんですかね?期待も込めて!!
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。