スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dodge Viper GTS-R LM 1998

ご訪問ありがとうございます。


最近、私筋トレにはまってます。ちょっとおなかまわりが気になりだしたので、まだまだ減らせるうちに減らそうと思っていろいろやってる中の一環で筋トレ始めたんですが、体格がすこしずつよくなってってる(様な気がする)のが嬉しくて…

変なガラの悪い人とかになめられないようなマッチョな体目指します(笑)


さて、今回はクルマ界のマッチョと言えば!!なマシンの登場です。

Viper

マッスルカーなんて言葉があるくらい、マッチョな車の代名詞アメリカ車。
そんな中でも、現代稀に見るスーパーマッチョなダッヂバイパーGTS-Rです。98年のルマン24時間レースに出場した、チームオレカのマシン。





にほんブログ村

↑よろしければクリックお願いします。
トラック用エンジン、V10、8.3リッター、OHV、FR…

こんな項目並べただけでも、恐れ慄きそうなクルマ。アメリカが作ってくれました。まさに大陸級です。

Viper

クライスラーが発表、ダッヂブランドで発売された初代バイパーは、今からもう20年以上も前のマシン。

よく引き合いに出されるマシンにシェルビー・コブラがありますが、そのネーミング(ヘビから取っている)、比較的小さな車体、それに巨大なエンジンを積みトルクを腕でねじ伏せるアメリカン・スタイルなど、まさにバイパーは現代に蘇ったコブラと言えるでしょう。

実際、かのキャロル・シェルビーもバイパーの開発には携わったそうです。

Viper

Viper

Viper

このチーム・オレカが走らせるマシンは、当時ゲーム「グランツーリスモ」で初めて見たときから鮮烈な印象を私に与えてくれました。

バイパーという車を知ったのがゲームだったんですが、子供ながらに「なんて凶暴な車だ」と思ってました。
不用意にアクセルを開けると、後ろが滑って一気に明後日の方向へ行っちゃう…ゲームですが、怖かったです(笑)

Viper

チーム・オレカという名前もこのゲームで覚えましたが、このオレカ、フランスの名門。
ルマンを始め、FIA-GTなど世界のスポーツカーレースで輝かしい成績を残しているようです。

フランスのチームなだけあり、実にカラーリングがセンスいいんですよね。フランスのトリコロールと、アメリカの星条旗をうまくミックスしてます。
レースカーの醍醐味の一つ、カラーリングだけでも楽しめますね。

Viper

Viper

モデルはミニチャンプスの古いヤツ。

ミニカーブログをされてらっしゃる清四郎さんのブログ記事を見て、プレイステーションロゴ入りのマシンを見かけたのを思い出し近所のセコハンショップに足を運んだんですが…一期一会。やはり売り切れていたんです。
が、そこでこのオレカのマシンを見つけ、アメリカとフランスが見事に融合したカラーリングに一目ぼれ。安かったので購入と相成りました。

おそらく12、3年前の当時ものだと思うので、さすがにちょっとユルいかなと言うところもあります。
よく見ると、エンジンフード真ん中のインテークはデカールなんですね。あとは、フロントのウインカーもデカールだったりホイールの造形が甘かったり…

でも、マッチョなスタイルは結構再現できてますし、デカールと塗装で再現したカラーリングも素敵です。
これが当時、日本ではやっとエブロなどが立ち上がっていたころに出ていたと考えると、イイ出来だと思います。


サイドビュー、このロングノーズたまらんですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キタ――(゜∀゜)――!!!

オレカ・バイパーですね、グランツーリスモでワクワクさせられました(笑)。
(* ̄∇ ̄*)
綺麗なマシンですよね、コルベットなんかより、遥かにセンスの良いマシン。ロングノーズ・ショートデッキ、どこか懐かしさを感じさせる、まさに「傑作」なアメリカン・マッスルですね。
(* ̄∇ ̄*)

No title

ご無沙汰しております。
バイパーは凶暴・獰猛といった言葉がピッタリですよね。
手持ちの同じマシン、トラバ代わりに貼らせてもらいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo428419/26360060.html

No title

確かにこのカラーリングは某ゲームで見たような気が・・・。
バイパーもクーペはこうしたレーシング仕様の方がカッコ良いかもですね。

ルマンのコチラのクラスにはバイパー、コルベット、サリーン等アメリカ車も色々と出ていて
興味は尽きないのですが、最近はすっかりTV放送してくれないので興味もしぼみがち・・・
色々と日本メーカーの絡んだマシンも戻ってきたので、また放送してくれないでしょうかね~。

No title

こんにちは~~~

おお~ダッヂ・ヴァイパー!!

自身もGTでこれ走らせた事ありますが、ホント凶悪な車ですよね・・・・ドアンダーなセッティングにしてようやくマトモに走らせることが出来る・・・そんなインパクトのある1台ですよね

ヒカルさん コメントありがとうございます。

ゲームでこのマシンを手に入れたとき、かなり興奮しました(笑)


豪快なデザインで、かなりかっこいいですよね。
フードがガバッと開くとこなんかも、大迫力です。

Ryo(仮)さん コメントありがとうございます。

実はRyo(仮)さんの記事、参考にさせていただいたんです。

オートアートのモデルは、さすがによくできてますね。いつかは欲しいです。

Ponys41さん コメントありがとうございます。


ルマンはアメリカシリーズもありますし、アメ車も関係が深いですよね。


トヨタがいい成績を残せるようになれば、また放送が復活するかもしれないですね。
デルタウイングの来年以降の活躍にも、期待したいです。

清四郎さん コメントありがとうございます。


作中では、とんでもないマシンでしたよね。
実車もあんな感じなのでしょうか…
今度復活したNewバイパー、実戦で見たいですね~。
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。