スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancia Delta Integrale 16V 1990

ご訪問ありがとうございます。


さて、イタリア自動車デザイン界の重鎮、セルジオ・ピニンファリーナ氏が亡くなりました。

ピニンファリーナと言えば、ご存知フェラーリと特に密接な関係にあるイタリアン・カロッツェリアの名門ですね。
数々の名車、いや名作を生み出しカーデザインの芸術性を追求してきました。
日本人が在籍していたこともあり、フェラーリ・エンツォのデザインをまとめたケン奥山こと奥山清行氏は有名です。

ここ3カ月ぐらいの間、ポルシェ911生みの親であるフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ、そしてコブラで有名なキャロル・シェルビーと自動車業界人の訃報が相次ぎますね。
ご冥福をお祈りいたします。



さて、前置きが長くなっちゃいました。

ピニンファリーナは、ランチアの名車037ラリーのデザインをしたことでも知られています。今回は予告通りと言いますか、その037の終焉から5年ほど後に活躍した、ランチアのグループAマシンの登場です。

Delta Integrale 16V

hpiから発売された1/43モデル。ランチア デルタ インテグラーレ16V 1990モンテカルロラリーです。

Delta Integrale 16V

ランチアのラリー活動は、古くは小型クーペのフルヴィアまでさかのぼり、その後のストラトス、そしてグループBのモンスターマシン達とともに輝かしい記録を残しています。

そして、それまで培ってきたノウハウを存分に生かしランチアに史上最高の栄誉をもたらしたのが、グループB終焉後にラリーカーの中心となったグループA規定で造られた、デルタでした。

Delta Integrale 16V

Delta Integrale 16V

このマシンのベースとなったランチア・デルタは、1979年に発表された2ボックスのハッチバック。このカテゴリーには、売れに売れまくったフォルクスワーゲン・ゴルフがいました。
ランチアはこのデルタがゴルフにアドバンテージを得るべく、質感にこだわった「小さな高級車」を目指したそうです。

Delta Integrale 16V

そして、後にデルタは大変貌を遂げ、WRCを戦うラリーウェポンとなり第一線で93年まで活躍し続けます。

毎年改良を重ねたデルタは、ワークス・準ワークスの活動形態をとった87年から92年まで、なんとマニュファクチャラータイトルを6連続で獲得することになりました。
しかしこの間、ライバル達も手をこまねいていたわけではなく、特にトヨタはランチアを入念に研究し遂には日本車初のタイトルを獲得するまでに至ります。

進化する日本車勢の台頭、ライバル達の追撃を振り切れず、基本設計の古さを露呈し始めたデルタおよびランチアは93年を持ってWRCの舞台から姿を消しました。

Delta Integrale 16V

Delta Integrale 16V

Delta Integrale 16V

Delta Integrale 16V

さて、モデルはhpi製。忘れたころにやってくるhpiの車種バリ攻勢なのですが、このデルタはhpiの初期も初期に発売されたスーパーデルタから金型を改修され、いよいよ第二幕に入りましたね。

上記の写真は、過去に発売されたスーパーデルタとの比較。それぞれ上がインテグラーレ16V、下がスーパーデルタです。
基本的なマーキングの違いなどのほかに、フェンダー幅やバンパー形状の違いなどが見てとれると思います。

その他の部分はもちろんhpiクオリティ。コスパは相変わらずの高さですね。また、多数バリ展開してきたデルタなので手慣れているということもあるのでしょうね。出来はかなりイイと思います。

Delta Integrale 16V

Delta Integrale 16V

正直、私が掲載する実車の解説はいろんなところからの受け売りなのです。ラリーマシンも実はそんなに詳しくは無いのですが、マルティニカラーのインパクトとカッコ良さは絶大ですよね。
見た目のカッコ良さからついつい選んでしまいます。

有名マシンなので多少のことは知っておいて損は無いし、また調べることで自分自身勉強になりますが、実際戦績やマシンのことは知らないで見た目の良さからモデルに手が伸びるというコレクターの方は多々いらっしゃると思います。
コレクションなんて、そんな気楽な感じでいいですよね。そう思います。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Lancia Delta HF 16V #7 Monte Carlo 1990

  hpi MIRAGE 1/43 Lancia Delta HF 16V #7 Monte Carlo 1990 さてさて、久しぶりに新鮮なヤツ行きます! 最近発売されたばかりのモンテ仕様のデルタをご紹介です♪  実車は1990年のWRC(世界ラリー

Lancia Delta HF Integrale 16V #7 Monte Carlo 1990

  hpi 1/43 Lancia Delta HF Integrale 16V #7 Monte Carlo 1990 一瞬横着しそうになりましたが、ライトポッド付はMIRAGE、無はhpi純正。 やっぱりちゃんと記事にしましょうネ!(^^; ということで

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
いつ見てもキレイな写真ですね。
hpiのモデルはクォリティが高いですね~
価格的になかなか手が出ませんがw

これからもいい交流をさせて頂きたいと思います。
よろしければリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

No title

きよさん コメントありがとうございます。

hpiはさすが「完全版」を豪語しているだけあり、品質は落ちないですし安定してます。
ただ、MIRAGEブランドのレジンモデルになるとこれが一気に崩れるんですよね…

リンクの件、ぜひお願いいたします!
こちらも、よろしいでしょうか?

No title

細かい部分まで観た事無かったのですが・・・・ずいぶんと違うモノなのですね~~~

自分も知識全く無いので、ミニカー購入理由はやはり「カッコいいから」ですね~

で、あとから気になったらネットで調べたり、資金的に余裕があれば本屋に行ってそのマシンに関する資料本買って調べたり・・・って感じです

No title

清四郎さん コメントありがとうございます。

はい、かなり作り変えてきてますよこれ。金型改修とは言ってますが、キャビンの一部以外はほとんど新しいんじゃないですかね。

そうですよね~。
調べようと思うと、心底気に入ったマシンとかだとちょっと高い資料本とかでも手にしてしまうので、ちょっと厄介なんですよねこれが(笑)

No title

さっそくリンクさせて頂きました。
リンクして頂けるならお願いします。
これからもよろしくお願いします。

きよさん リンクありがとうございます。

こちらからも、後程リンク追加させていただきます。

Re:Lancia Delta Integrale 16V 1990

こんにちは。
今更ですがコメントを…(^^;

私もモンテ仕様のこのデルタ買いました!
ライトポッド付を先に入手と、何だか順番が間違っている気がしないでもないですが(笑)
顔がよくわかるライトポッド無し版も、早い内に回収して紹介したいところです…。

いやしかし、このデルタも見事に「当たり」の1台でしたね。
いつも通りフルコンプいきますか(笑)

あ、R34含めてトラックバックさせていただきました♪
プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。