スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付けば二週間以上…雑記。

ご訪問ありがとうございます。

前回更新から、気が付けば二週間たってました。


最近忙しいです。めちゃくちゃ忙しいってわけでもないですが、なぜかパソコンに向かうと眠くなってしまう…

で、ようやっと更新と言うわけです。


大したこと書いてないので、暇つぶし程度にどうぞ。
まず、北京モーターショーが開幕してますね。参加企業2000社ですか!しかも出展車種は1000台オーバーと、さすが世界最大市場のモーターショーと言った感じです。

で、あいかわらずあれやこれやのそっくりさんも多数出展されているようです。

テレビの報道では、開発者が堂々と「あれを真似たんだ」って言ってました(笑)プライドは無いのか…(^^;

ですが、着実に中国国内でも「パクリは悪」っていう図式が出来上がってきているのも事実だそうで。

中国が本気出してオリジナル商品を作って、しかも低価格だとどうなるのか…ちょっと恐い面もある気がします。



そしてF1、バーレーンGPが先週末開催されました。

あちらのゴタゴタで、開催が危ぶまれてたようですが無事終了したようですね。

ソースによっては、言うほど危険なグランプリでは無かったとの見方もあるようです。一方で、フォースインディアはスタッフを早めに帰し、フリー走行欠場という苦渋の決断をするなど、内情の深刻さを物語るエピソードもありました。

予選では、王者セバスチャン・ベッテルがエキゾースト周りをフィーリングが合っていたという中国までの旧型から、チームメイトのウェバーも使用する最新型へと変更。

すると、今まで沈んでいたのがウソのようにトップへ返り咲き。合わないって言ってたのに、やっぱりマシンを乗りこなす能力やここ一発の場面での集中力は素晴らしい!


決勝レースでは、これまで溜まった鬱憤を晴らすかのように、ニコ・ロズベルグが大暴れ…ハミルトンやアロンソなどと絡む場面があり、その走行が審議対象に。

結局、ロズベルグはお咎めなし。禁止されているコース外からのオーバーテイクをしたハミルトンも、なにも無し。

改めてみても、ロズベルグのライン変更は確かにやや急過ぎる感じもあります。

コレに関しては、アロンソが自身のツイッターで皮肉たっぷりなコメントを残してます。アロンソ、怖い…!(笑)相当ご立腹のようです。

で、レースはベッテルがそのまま首位を守ってゴールというなんとも''らしい''勝ち方で今季初優勝。

そして、二位と三位にはロータスのライコネン、グロージャンがそれぞれ入りました。

ライコネン、二年のブランクもなんのその。早くも表彰台に登ってしまいました。ただ、今回のレースではベッテルを抜けるチャンスもあっただけに、次こそは優勝を狙いたいところでしょうね。

グロージャンも、キャリア初のポディウム獲得です。ここでポディウムに二台のロータスが現れ、今季の予想がますます難しくなった感じです。

次のヨーロッパラウンドは連休明けとやや期間が空きますが、ヨーロッパに渡ってからが各チームの本気の勝負でしょう。

次戦スペイングランプリ、期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。