スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 150°Italia #5

ご訪問ありがとうございます。


150 Italia


先日、F1インドグランプリが初開催されたということで、それに掛けまして今回はこのマシンをご紹介。

フェラーリ 150°Italia。マテルの、ホットウィールレーシングブランドの製品です。



開幕前から名称問題が取り沙汰されていたフェラーリの2011年シーズン用マシン。

開幕前のテストでは非常に多く距離を重ね、信頼性に重きを置いたマシン開発をしていたそうですが、下馬評を覆すことはできず今年もなかなかレッドブルに歯が立たない悔しいレースが続きました。


150 Italia



全マシン中でも屈指のハイノーズと、サイドポンツーン辺りから細くなり始めなだらかに絞り込まれるリヤセクション、これが150イタリアの最大の特徴です。

マシンに名付けられた「150」は、フェラーリの母国であるイタリア統一150周年を祝うためのものです。

リヤウイングフラップ背面にイタリアン・トリコロールを纏わせているのも、イタリアへの愛を感じます。


150 Italia



ここまでのスクーデリア・フェラーリの成績は、エースであるアロンソの活躍によるものが大きいと思いますが、空力を味方にしたレッドブルやトップスピードに優れるマクラーレンといった秀でた特長をもつライバルに比べ、やや戦闘力に欠ける印象ですね。

アロンソの比較的安定した成績に比べ、今年はマクラーレンのハミルトンとよく絡むマッサの方は微妙な内容…

インドでも、期待に応えて(?)接触してしまいましたし。(ハミルトンのマシンがノーズを突っ込んでいたが、マッサが強引にかぶせたようでしたネ。ラインの優先権はマッサだと思いますが、あれは強引すぎたかな?)


今年はストップ・ザ・レッドブルに名乗りを上げられなかっただけに、来シーズンはよりがっぷりと組んだ三つ巴のバトルを展開してもらいたいものです。


150 Italia


マテル、ホットウィールエリートのモデルですが、前年マシンF10から急にクオリティが上がったと評判でした。

150イタリアも、モデルのクオリティとしては特に悪いところは見られません。

大手、ミニチャンプスを意識してかウイングのパーツには薄いものを使っているし、塗装もきれいです。アンテナ類は、極細の針金を使用してミニチャンプスよりも質感が高いですね。


欠点はドライバーフィギュアのぼってりしすぎな点と、モデル自体がどうやら開幕前のプロトタイプ仕様である点。それに、タイヤが妙な質感である点です。

フロントウイングステーがグッと前方に切れ込んだ形状で、リヤカウル後方の形状も違うのが本戦仕様との違い。

モデル化はダイキャストモデルにしては異例の早さだったので、ちょっとフライングしてしまったようです。

タイヤやフィギュアがおかしいのは、今後の努力に期待しましょう。

価格的にはミニチャンプスとどっこいどっこいなので、フェラーリF1唯一の精密ダイキャストモデルとして、一層のクオリティアップに勤しんでいただきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroki

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。