スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターが公道へ。日産ジュークR市販。

ご訪問ありがとうございます。


さて、今回は実車のニュース。去年、ヨーロッパ日産が独自にスタートさせたプロジェクト、ジュークR。

日産の象徴であるGT-Rのエンジンや4WDシステムなど、中身をそっくりそのまま小型クロスオーバーのジュークに移植した「スーパークロスオーバー」を作るという企画です。


なんだか、トッ○ギアあたりが後先考えずにやっちゃいそうな大胆な企画ですが、このジュークRがなんとごくごく少数ながら市販されるらしいんです(!)
元記事はこちら

すでに実走可能プロトが存在し、今年初めにはドバイ24時間レースのペースカーとしてもデビューしていたらしいですが、すごいですね。


プロトタイプは開発当初の時期のGT-Rのエンジンを載せているため、販売の際には最新版のパワーアップしたエンジンが搭載されるそうです。最高出力545馬力、トップスピードは257km/h。

これは、かなり面白い企画が現実になりましたね。しかもメーカーが主導でこんなことやっちゃうんだから驚きです。

まずは3台がすでに嫁ぐことが決まってるそうで、反響があれば少数追加生産するとのこと。せっかく日本車ですし、日本でもだれか購入しないですかねぇ。


Juke R
※画像は拝借しました。問題があれば削除します。
スポンサーサイト

オーストラリアのEVスーパーカー、0-100km/hは3.8秒…eVR450

ご訪問ありがとうございます。


前回予告の通り、タバコロゴのミニカーを紹介しようと思ってましたが写真撮れなかったので予定変更です。

今回は車情報です。




>オーストラリアのメーカーが、EVスーパーカーを作ったそうで。ニュースはこちら。

オーストラリアのVARLEYエレクトリックビークルズ社は、ブリスベーンで開催された第3回オーストリアEVカンファレンスにおいて、EVスーパーカー『eVR450』を初公開した。

(ニュース本文引用)


ニュース見てると、EVってもういろんなメーカーがかなりの数開発してることが分かります。

時代は思っていた以上に電気自動車の流れになってるんですね。


スーパーカーらしい性能をフルに発揮するとなると、きっと走行距離はすっごく短いんだと思いますが、やるときゃやるんだぜ!的な感じでいいと思います。

エンジンなどの制約がなくなると、たぶんデザイン的にも自由度が増すと思うので、未来の車らしい奇抜なデザインにも挑戦してもらいたいところです。


電気自動車の時代となると、バッテリーメーカーとか家電メーカーとかもいずれ自動車を作り始めるんでしょうか?

パナソニックのスポーツカーとか、富士通がレースカーを開発!とか…

なにはともあれ、未来にピッタリなわくわくする車がどんどん登場してほしい!!

フランクフルトモーターショー、開幕しましたが…

ご訪問ありがとうございます。


さて、フランクフルトモーターショーが13日から(一般向けには15日から)開幕しましたが、7年ぶりとなるフルモデルチェンジを行う「991」型ポルシェ911は注目でしょう。



さて、しかし世界最大級のモーターショーゆえ、こんな問題も起こっているそうで…

以下、ニュースから一部引用します。


続きを読む

F1 バーレーンGP中止。

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

さて、最近中東諸国などで広がりを見せている反政府デモですが、とうとう国際イベントにもその影響が出てしまいました。

3月13日を予定していたF1選手権開幕戦 バーレーングランプリが中止されることが発表されました。

砂漠の中にあるバーレーン・インターナショナルサーキットで2004年から行われていた、中東でのF1人気を牽引してきたグランプリですが、やはりデモによる情勢悪化は避けられない問題だったようです。

これにより、実質的なF1グランプリ開幕戦は3月27日に行われる予定のオーストラリアとなりそうです。

また、バーレーンGPが今シーズン期間を変更して行われるのか、はたまたシーズンを諦めてしまうのかはまだ決まっていないとのこと。


こういったイベントは、平和であるからこそできること。
今争っているのも、国が新しい平和の時代を迎えるためだと思います。ですが、なんだか寂しいですね~。
こういったことが起こってしまうと、日本でこうして平和に生きていられるのが当たり前ではないんだと改めて感じます。(もちろん、日本政府も問題だらけですが)

この争いが早期の終焉を迎え、ふたたび盛大な国際イベントが行えるぐらいの平和を取り戻すことを心から祈ります。

SKYLINE forever...

訃報です。

歴代スカイラインの開発に携わってきたことで知られる桜井真一郎氏が、1月17日 午後10時23分に心不全のため亡くなられたそうです。享年 81歳。

初代から7代目(R31)までの開発に携わり、特に2代目以降は開発主任として第一線で活躍されました。
その他、60年代のレーシングカー、R38#シリーズの開発も関わっており、走りの日産のイメージの土台を築きあげてきた方の一人です。

スカイラインファンにとっては神様のような存在。スカイラインの父、GT-Rの父。この方がいなければスカイライン神話やGT-R伝説も生まれなかったかもしれませんから、車好きにとっても偉大な人物です。


しかしまた一人、日本の車界を引っ張ってきた人物が旅立たれてしまいました。ご冥福をお祈りいたします。



GT-R PGC10



プロフィール

Author:hiroki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。